合コンの出会いを「次に」しっかりつなげるコツ




合コンには行くけれど、なかなか次の展開につながらない……。たとえメアドをゲットしても、出会いを次に発展させるのは難しいですよね。そこで今回は、そんな疑問を"合コンの達人"に教えてもらいます。お店選びから効果的な連絡方法まで、知っていれば確実に使える情報が盛りだくさんです。



■しつこくない程度にやり取りすること



今回、お話をうかがったのは、Facebookアカウントを持った人同士が合コンを開催できる、合コンセッティングサービス「ソーシャルコンパ」の運営者さん。同サービスはアバターやニックネームなど匿名で参加が可能ですが、Facebookユーザーだけが参加できるというある程度の安全性も担保していると注目されつつあります。



――合コンの出会いを次につなげるために、効果的な連絡方法はありますか?



「SNSのメッセージ機能やLINEが主でしょうか。教えやすいし、相手の都合にかかわらず連絡しやすい。相手もオンラインであればチャットになるので、つながっている感、親密感が増しますよね。



頻度はやっぱり当日の夜、合コン終了後にしつこくない程度に3、4回のやり取りと翌日。2〜3日以内には次の約束(2人で会うのか、友達同士であうのか)を決めたいですよね」(ソーシャルコンパ運営)



――2度目に会うときは、グループと二人っきりとどちらがいいのでしょうか?



「目的によります。例えば、ソーシャルコンパでは、『友活』『恋活』『婚活』と、合コンをする目的をわけてユーザーに登録していただいています。つまり、合コンが必ずしも男女の出会い目的だけではないということです。実際、現在の異性の友人って、合コンから始まった人は少なくないですよね。グループのほうが誘いやすいので、1回目の盛り上がり具合ではグループで会うのもいいですね」



■結果を求めて焦らないこと!



――やってはいけないNG事項はありますか?



「焦ってはいけません。結果を求めて焦らず、ゆっくり人間関係をつくることが大事です。とにかく、まずはお友達づくりというのが、女性にも男性にもハードルが低くてよろしいと思います」



――SNSを、合コンから『次に』発展させる道具にするために、SNS上で自分をどう見せるのが効果的ですか?



「普通が良いです。そうでなくてもSNSはポジティブなことばかり書いて、自分をよくみせようという方が多いと思いますので、いつも通り飾らぬ自分の方がむしろ良いと思います。あんまり変なことを書くのは、この件に限らずNGだと思いますが」



また、もし、合コン中はあまり仲良くなれなかった相手と次につなげたいときは、もう一度合コンをして、今度はお互いを「しっかり」知るのがオススメとのこと。



とにかく、焦らない! そして、りきみは禁物なのですね。



■効率よく意中の人を見つける場



――お店選びのポイントはありますか?



「グループで話題を共有することもできながら、隣の人とマンツーマンになれる環境がつくれるお店がオススメです。個室だと静かすぎるので、ちょっと隔離された感じの個室でないフロアが良いと思います」



――最後にメッセージをお願いいたします。



「一回で3、4人の異性と出会える合コンは、効率よく意中の人を見つける良い場だと思います。がんばってください。そして、せっかくなので無料で使えるソーシャルコンパもぜひ活用してください」



合コンでも、SNSなどのツールが活躍する時代になったのですね。目当ての人に出会えたら、決して焦ることなくがんばってください!



取材協力:ソーシャルコンパ



http://socialcompa.jp/



(OFFICE-SANGA 臼村さおり)