【クイズ】ナゾダーラボ! 第8話「H→I→J→K→L→M→N→Oの謎」




【「ナゾダーラボ」に所属するナゾダー博士とワカルくんは、謎の女「マミ」と出会います。どうやらマミは、【ナゾ解き】が得意な子どもたちを、日本中からスカウトしているようなのです。



ナゾダー博士によると、マミは国家秘密情報部のエージェント。われわれの日常とは別の「ウラ世界」で暗躍しています。「ウラ世界」では、【ナゾ解き】で国益を左右するような「バトル」が行われているというのです。

後日、ワカルくんはマミに指定されたオフィスビルに行ってみることにしました。





ワカルくん(以下ワ)「……で、なんで博士がついてきてるんですか」

ナゾダー博士(以下ナ)「だって、心配なんじゃも〜ん」

ワ「急にキャラを変えないでください! 過保護ですよ!」

ナ「ええと、お前さんのコードナンバーは7というから……お、安直に指示の張り紙があったわい。『7の方はこちらへ』だそうじゃ。早速行こうぞ」

ワ「うわあ完全無視だ、将来こういう爺さんにならないようにしよう」



指示に従って進むと、やがて「7」の数字が示されたドアにたどりつきました。

が、どうやらカギがかかっているようです。よく見ると、ドアの下からカードの端がのぞいています。

拾い上げると、そこには次のように書かれていました。







H→I→J→K→

L→M→N→O



漢字1文字では?



ナ「どうじゃ、ワカルくん?」

ワ「これは以前に解いた問題とそっくりですね(※第2回)。でも、またしても変化球みたいです!」

ナ「おお、よくわかっとる! 頼もしいのう、ほっほっほ」



皆さんは今回の答えがわかりましたか?



答え合わせは来週のこの連載でします。またお会いしましょう!



(あたまソフト)







【先週の問題と解答】



身近なもので考えなさい



EA=1

XY=3

DA=□

UU=7

FA=8



□の数字は?



「身近なもの」とは何でしょう? 申し訳ないですが、携帯電話で問題を楽しんでいた人には、「身近」ではなかったですね。……と言えば、おわかりになったでしょうか。

ズバリ、それはパソコンのキーボードです。パソコンと縁のない人もいるでしょうけれど、いまこのサイトをご覧のあなたには「身近」、というか、目の前にあるはずですよね。

キー配列にも本来はさまざまな種類がありますが、ここでは一般的なQWERTY配列とJIS配列によるキーボードで考えてみましょう。

実際にご覧になってください。「E」は「い」、「A」は「ち」とともにあるキーです。これを問題に当てはめると、「E・A」は「い・ち」で「1」、「X・Y」は「さ・ん」で「3」です。

出題の「D」は「し」、「A」は「ち」なので、「しち」で「7」。そう、「U・U」も「な・な」なので、実は「7」が2つ並んでいるという趣向でした。

【正解:7】