靴修理店に聞く、「こんなものまで、実は修理次第で復活させられます!」




一生懸命選んで購入した靴も、履いているうちに古くなり、下駄箱の隅に放置している人も多いはず。お気に入りの一足でも、履きつぶしてしまったら諦めるしかないと思っていませんか? 実は、かなり酷い状態に見える靴でも、修理次第で復活させられるかもしれないのです。そこで今回は、経験豊富な靴修理店のオーナー・Mさんに、靴修理の実例をおうかがいしました。



■スニーカーこそ靴修理店へ



――スニーカーのようなものでも、修理は可能でしょうか?



「スニーカーのかかと部分は、とてもご注文の多い修理です。スニーカーは、履いているうちに、かかとの内側部分が擦れて、破れてしまいます。そういった場合には、かかと部分を革でカバーするように修理すると、きちんと復活させられます」(Mさん)



たしかに、スニーカーを長く履いていると、かかとの内側が破れますよね。履き心地も悪くなりますし、いかにも履き古した印象になってしまいます。革でカバーすれば、ヨレヨレ感もなくなり、また長い間履けるようになるそうです。



■ブーツのサイズ調整も可能



「ブーツの丈を短くしたり、筒の部分を細くしたりすることも可能です。また、ブーツにファスナーを取り付けると、脱ぎ履きがとても快適になります」



ブーツの場合、サイズがぴったり合っていないと、格好良く見えませんよね。「あともう少し細めのデザインが良かったな……」という場合でも、靴修理店でサイズ調整ができるとは! 今回お話をうかがった靴修理店では、実際にブーツの丈をカットして短くしたり、筒の部分を縦にカットして細くすることもあるそうです。



■マジックテープから紐靴へ



「マジックテープを使用したスニーカーは、テープを引っかけるパーツがプラスチックでできていることがあります。その部分がどうしても劣化してしまい、壊れると履けなくなりますよね。そんなときには、修理によって紐靴に変えてしまうという手もあります」



かなり斬新な発想ですね。もはや、修理と言うよりも、リメイクといった感じです。基本的には、マジックテープを引っかけるパーツを取り替えて、そのパーツを革ベルトで固定するという方法が一般的なようです。



しかし、すべてのパーツを取り替えてしまうとコストがかかりますし、1カ所だけ取り替えると見た目がよくありません。そこで、この紐靴にしてしまう、というアイデアが浮かんだそうです。



■不要になったスパイクも修理で復活!



「サッカー用のスパイクを、通常のスニーカーに改造することもありますね。スタッドをすべて外し、スポンジを土台としてソールを作ると、街歩きのできるスニーカーに生まれ変わります」



スパイクなどは、本当に履きつぶしたら終わりというイメージが強いですよね。しかし、サッカー用のスパイクなどは格好良いデザインのものが多いですから、捨ててしまうのはもったいないかもしれません。スニーカーに改造してしまえば、一般には売られていないオリジナルスニーカーとして楽しむことができますね。



今回、紹介していただいた修理例以外にも、修理可能なケースはたくさんあるとのこと。もし、下駄箱の中で眠っている履き古した靴があるなら、ぜひ一度靴修理店に相談してみてください。もしかしたら、修理によって復活し、再度お気に入りの一足になるかもしれませんよ。



(OFFICE-SANGA 森川ほしの)