BMW、650iクーペ&カブリオレに新開発V型8気筒エンジンを搭載して発売

写真拡大

ビー・エム・ダブリューはこのほど、「BMW 650iクーペ」および「BMW 650iカブリオレ」に新開発のV型8気筒エンジンを搭載して発売した。

最高出力は従来のV型8気筒エンジンより10%向上しながら、同時に燃費も25%向上している。

この新型エンジンは排気量が4.4リットルで、ツインターボチャージャー、高精度ダイレクトイグニッション、バルブトロニックを新たに採用する。

2基のターボチャージャーをシリンダーバンク間に配置する独創的なレイアウトで、非常にコンパクトなのも特徴だ。

最高出力は450PSで従来のV型8気筒よりも10%向上。

「650iクーペ」は0-100km/h加速が4.6秒で、これは従来モデルより0.3秒も速い(ヨーロッパ仕様車値)。

同時に、数々の省燃費技術も採用。

アイドリングストップをはじめ、効率的なドライブをサポートするECO PROモード付きのドライビング・パフォーマンス・コントロールを搭載。

燃費は従来モデルより最大25%向上すると共に、「平成17年排出ガス基準50%低減レベル(★★★低排出ガス車)」を達成。

「650iカブリオレ」においては、「平成27年度燃費基準」も達成している。

このエンジンを搭載した「650iクーペ」の価格は1,235万円。

「650iカブリオレ」は1,330万円。

ハイパワーと低燃費を達成しながら、一部の装備を見直すことにより価格は従来モデルの据え置きとなっている。