5人に1人は自動車事故経験者! クルマでヒドイ目に遭った話




飛行機事故に遭う確率よりクルマの事故に遭う確率の方がはるかに高い、なんてことが言われます。地方に行けばクルマがないと生活できないことも多く、日常生活の足として使っていればそれだけ事故に遭う可能性も上がります。さて、交通事故に遭ったことのある人はどのくらいいて、その内容はどんなものでしょうか? 聞いてみると「痛い話」が多かったのです。



調査期間:2012/4/3〜2012/4/7

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



どのくらいの人が自動車事故経験者なのかを聞いてみました。

Q.あなたは自動車事故に遭ったことがありますか?





はい 22.4%

いいえ 77.6%



なんと22%、つまり5人に1人は自動車事故に遭ったことがあるのです。結構な高確率ではないでしょうか。自分が起こさなくても、向こうからやってきて事故になるのも自動車事故のイヤな所です。

どんなヒドイ目に遭ったのかを聞いてみました。



●おじいさんが突っ込んできた!

普通に運転していたら、横からおじいさんが自転車で突っ込んできた。それほどスピードを出せる道ではないし、後部座席のドアがボコボコになっていたことから、警察にも同乗されたが、車の方が悪くなってしまうのが現実。もう運転するのが嫌になった。(東京都/男性/29歳)



交通弱者と定義されている「歩行者」、またより立場の弱い「自転車」との事故になると、やはりクルマの方が悪いとされます。「納得できねー!」と思っている人は多いかもしれません。



●彼氏の取り乱しようがハンパなかった

彼が運転している車で、二人とも居眠りしてしまい反対車線の電柱に突っ込んだ。電柱は倒すわ、車は廃車になるわで散々な目にあった。だが、交通量の多い時間帯・道路で、ほかの車を巻き込まなかったこと、対物で済んだことはとても幸運だった。その時の取り乱した彼は今思い出しても情けなく、むしろ「ここは自分が!」と彼を守っていく気持ちになった。警察の人にも、すぐさまレンタカーを手配して借りてきた私に対し「かっこいい彼女だね(苦笑)」と言われた。保険の大切さが身にしみた。(千葉県/女性/25歳)



いざという時には女性の方が落ち着いているものです。それにしてもこの人は男前です(笑)。



●逃げやがった! その1

スーパーの駐車場で白線内にきれいに駐車しているのに、激しく当て逃げされたこと。警察にも報告したが、見つからないと言われてどうしようもないとのことだったので、保険もおりなかった。(沖縄県/女性/31歳)



これは切ないですね。クルマのエンジンが止まっていても動作するドライブレーコーダーを付ければ、ある程度は防げるかもしれません。



●逃げやがった! その2

チャリを運転していたら軽トラに巻き込まれた。自転車ごと倒れ、痛くて動けなかったら、死んだと思ったらしく、そのまま逃げられた。(福島県/女性/27歳)



これはヒドイです。 このドライバーを捕まえることはできたんでしょうか!?



●割り込みすんな!

タクシーに急に割り込まれ、銀座のど真ん中で衝突。(神奈川県/男性/27歳)



「運転がうまいはず」とされている個人タクシーにも「ド下手がいる」と思うのは、筆者だけなのでしょうか?



●田んぼにズドン!

母親の運転する車が雪道でスリップして田んぼに突っ込んだ。(神奈川県/女性 /25歳)



お母さんなんであまり文句も言えませんね。母娘とも無事で取りあえず良かったですよ!



●金持ちなのに……

任意保険無加入の軽トラにほぼノーブレーキで追突された。さらに腹が立つのが、その軽トラのオーナーがベンツに乗って現れたこと。(群馬県/男性/30歳)



事故を起こしたせいでそのオーナーは任意保険無加入がバレて、大変なことになったと思いますよ。そのベンツの方も任意保険無加入だったんでしょうか?



●「えっ? 私のせい?」

原付バイクに乗っているおばさんとぶつかって、そのおばさんに「大丈夫?」ではなく、「ちゃんと見なきゃダメよ」といわれた。(埼玉県/女性/28歳)

なぜおばさんというのはあんなに自信満々なのか、なぜ「自分は悪くない」と確信しているのかを小一時間聞きたいですね。



●フロントガラスが粉々

対向車線でのサイドミラー同士の接触。ミラーが戻ってきて、運転席のフロントガラスを粉々に割ってしまった。(大阪府/女性/25歳)

お互いによっぽど道路中央に寄っていたんですね。道路幅が狭かったんでしょうか。しかし、フロントガラス粉々は痛い。10万円ぐらいの出費になりますからね。



●ゆっくりひかれた

自転車で走っていたところ、右側から来た車とぶつかった。車はブレーキをかけたけれど間に合わず、自転車ごと倒れた私の右足の甲をタイヤがゆっくりひいて止まった。(愛知県/女性/28歳)



「ゆっくりひきやがった」というところがポイントです。ちなみにクルマに足をひかれたという人は結構いるもんで、聞いてみると筆者の周りにも2人いました。



●店はほぼ無傷

コンビニの駐車場でバックしすぎた。店舗の外に設置しているものにぶつかり、自分の車がめちゃくちゃになった。でも店舗のものにはさほど傷がつかずよかった。(北海道/女性/31歳)

お店を気遣う優しさがあります(笑)。筆者は、コンビニでバックしすぎて店に突っ込んだクルマを見たことがあります。ちなみにドライバーは高齢者でした。



●下り最速伝説!?

峠を走っていてスピンしてガードレールに衝突。(兵庫県/男性/43歳)



峠攻めで起こった出来事でしょうか。命があって良かったですよ、これは。



●お菓子で許して

会社の駐車場で駐車の時、隣の車にかすってしまった。たまたま知り合いの人で、大丈夫ですと言ってくれたため、お菓子を渡しただけで終わった。(兵庫県/女性/28歳)



「法律上はいかがなものか」という話ですが、「お菓子で済んだ」のは良かったですな。



●頼むよじーちゃん

駐車場にとめてあった車に、アクセルとブレーキを踏み間違えたおじいさんの車が突っ込んだ。(千葉県/女性/26歳)



高齢者ドライバーは危ないですよ。本人も危険ですが、周りも危険です。最近では免許の「自主返納」も行われているようですが……。



●日曜日はダメよ!

自分がサンデードライバーにはねられた。(東京都/男性/34歳)

土日にしか運転しないというドライバーは危険です。都内では実は「土日の方が危ない」という話があります。サンデードライバーがフラフラ走っていて、自分は気をつけていてももらい事故する率が上がるというのです。



●高速道路でバースト

高速道路を走行中に突然タイヤが破裂するというもの。(北海道/女性/25歳)

よく無事でした。高速道路での事故は大事故につながりやすいものですが、この人は落ちついて対処できたんでしょうね。



●トリプルアクセル!

高速道路で3回転スピンしてようやく止まった。(北海道/女性/26歳)

これも高速道路上での離れ技(?)です。よく無事でした!



●気づいたら病院

運転してたら急に目の前が真っ暗になって意識なくなって、気づいたら病院で処置を受けてた。後から聞いたら、電柱にぶつかってたみたいで、車は一発廃車になった。全身いたる所を骨折して3カ月入院の重傷だった。(熊本県/女性/24歳)



このように「気づいたら病院だった」という経験をする人は珍しくありません。脳が「痛みに関する記憶」を消してしまうからです。それにしてもこの方、命が助かって良かったです。無事でなにより。



自動車事故でヒドイ目に遭った話を集めてみましたが、とにかく「命あっての」であります。クルマを運転する時は十分にご注意を!







(谷門太@dcp)