「こんなことが起こるなんて思いもしなかった」(チャーリー・ブレネマン) (C)GONGKAKUTOGI

写真拡大

UFC151「Jones vs Henderson」がイベントごとキャンセルされるという、前代未聞の事態に発展した。ジョン・ジョーンズのチェール・ソネン戦の対戦拒否問題について、MMAPLANETではファイターや関係者にそれぞれの意見を尋ねてみた。

「○○はどう思う、JJの対戦拒否」。第7弾は同大会のアンダーカードでカイル・ノークと対戦が決まっていたチャーリー・ブレネマン。9月22日のUFC152に自らの試合が変更された当事者の考えをお届けします。

■チャーリー・ブレネマン
「このスポーツに関わる全ての人々にとって、最悪の日となってしまった。ジョン・ジョーンズには試合を断る理由があったのだろう。でも、僕はこういう状況に陥ってしまった彼以外のファイターとして、凄く精神的にも厳しかったよ。

UFC151に出場するはずだった全てのファイターが家族を持ち、日々と生きていなければならない。僕らはこういう人生を選択した。こんなことが起こるなんて思いもしなかったよ」

  • 【Special】マルタイン・デヨングはどう思う? JJの対戦拒否
  • 【Special】ナム・ファンはどう思う? JJの対戦拒否
  • 【Special】ジュカォン・カルネイロはどう思う? JJの対戦拒否
  • 【Special】チャーリー・ブレネマンはどう思う? JJの対戦拒否
  • 【Special】チャトリ・シットヨートンはどう思う? JJの対戦拒否
  • 【Special】福田力はどう思う? JJの対戦拒否
  • 【Special】田村一聖はどう思う? JJの対戦拒否