UFC151「Jones vs Henderson」がイベントごとキャンセルされるという前代未聞の事態に発展した。ジョン・ジョーンズのチェール・ソネン戦の対戦拒否について、MMAPLANETではファイターや関係者にそれぞれの意見を尋ねてみた。

「○○はどう思う、JJの対戦拒否」。第2弾は、競技派MMAファイター代表格=日沖発の考えをお届けします。

■日沖発
「少し前に知ったばかりで、あまり事態を把握していないのですが、固辞できるシチュエーションなら、やっぱりそうするんじゃないでしょうか。競技としてMMAを考えると、チェール・ソネンと戦いたくないと思うジョン・ジョーンズの気持ちは理解できます。ダン・ヘンダーソンと戦う準備をずっとしてきたはずなので。

僕も過去に規模は違いますが、大会を良いモノにしたいという想いで試合を受けたことがありますし。コーチ陣や協力してくれた人のために断れなかったです。イベントが無くなるのに固辞するということは、我がままだと受け取る人もいるかもしれないですが、自信の表れでもあると思います。表現方法は良くないですが、ジョン・ジョーンズという商品価値があるから、そういう風な判断もできる。

普通は受けちゃいますよね。あれだけお金と人が動いていると、僕なら受けていると思います。やっぱりアンダーカードの選手の試合もなくなるなら、やるしかないとなっちゃいます。それでも、断ることができるのは人がどう捉えようが構わないっていう自信が、ジョン・ジョーンズにはあるんでしょうね。

批判が多くても、ここを断ることができるのは、良くも悪くもグレッグ・ジャクソンがMMAを競技的に考えているからじゃないでしょうか。それは戦略の立て方からも理解できますし。それに今回の件は、ジョン・ジョーンズも被害者の一人じゃないですか? イベントを決行するという選択はなかったのか……とも思います。

一方的に誰が悪い、良いという問題ではないので。ただ、アンダーカードで出場予定だった選手たちの気持ちを考えると、何も言えなくなりますね」

  • チャトリ・シットヨートンはどう思う? JJの対戦拒否
  • 福田力はどう思う? JJの対戦拒否
  • 田村一聖はどう思う? JJの対戦拒否
  • エド・ソアレスはどう思う? JJの対戦拒否
  • 日沖発はどう思う? JJの対戦拒否