”フォーカス”ダイヤルが特徴「オリエントNeo70′s」にレディースモデル登場

写真拡大

オリエント時計は9月8日、フォーカスと呼ばれピンクゴールド色るぼかしの入ったダイヤルが特徴の「オリエントNeo70's」から、レディースモデル1型5アイテムを発売する。

「オリエントNeo70's」は、1970年代の機械式時計のデザインテイストを力強い現代的なスタイルにアレンジした若者向けのクォーツウオッチシリーズ。

3月に発売された男性向けクロノグラフのレディースモデルとして発売される新商品は、約25mmの小ぶりなケースに1970年代の機械式時計のデザインをベースとしたデザインを採用。

ダイヤルにも1970年代に流行した大胆なフォーカスを採用し、さりげない3面カットガラスからのぞくライラックやピンクなどのカラーが女性らしいやわらかな雰囲気を感じさせる。

インデックスはモデルにより定番のバータイプとカジュアルな印象のアラビア数字のいずれかを採用。

バンドはさまざまなシーンに対応するスタンダードな3列タイプ。

ケース素材はステンレススチールで、ケースの色はシルバー / ピンクゴールド / ゴールド / グレーの4色。

文字盤はピンク / ホワイト / ライラック / グレーの4色。

ケースサイズは縦30mm×横24.5mm×厚さ8.73mm。

価格は1万6,800円〜1万9,950円。