【男性編】『ONE PIECE』で一番好きなエピソードは?ベスト5発表


仲間になる過程が楽しめる







今年で連載15周年を迎えた『ONE PIECE』。映画、アニメ、マンガとますます盛り上がりを見せている本作は、大枠のストーリーに向かって、航海で出会う人物や立ち寄る島周辺で一つのお話の区切りがつくように構成されているのも特徴です。そこで今回は、男性288名に『ONE PIECE』の好きなエピソードを聞いてみました。











Q.『ONE PIECE』の何編が好き?(複数回答)

1位 東の海編 35.4%

2位 アラバスタ編 26.0%

3位 頂上戦争編 20.8%

4位 ウォーターセブン編 14.2%

5位 空島編 11.1%





■番外編:この○○編が好き!!

・魚人島編:「冒険心をくすぐられた」(40歳/電機/技術職)

・スリラーバーク編:「コミカルなところもあって1番面白い」(43歳/電力・ガス・石油/営業職)





■東の海編が好き!!

・「物語の始まりという感じがいい」(29歳/その他/技術職)

・「仲間集めのエピソードが面白かったから」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「初めて『ONE PIECE』を読んだときの衝撃が忘れられない」(21歳/その他/その他)

・「仲間との出会いや伏線が散りばめられている点が面白い」(25歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「サンジが仲間になる話が1番好き」(24歳/電力・ガス・石油/営業職)





■アラバスタ編が好き!!

・「思わず泣いてしまうほど感動した」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ビビとの友情シーンが最高!」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「クロコダイルとビビがお気に入りキャラなので」(28歳/情報・IT//技術職)

・「エキゾチックな雰囲気も魅力」(22歳/自動車関連/事務系専門職)





■頂上戦争編が好き!!

・「緊迫感があるから」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「強いキャラが次々に登場するから」(30歳/その他/事務系専門職)

・「まさか、あんなに悲しいできごとが起こるとは……」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「レベルの高い戦いが見られた」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)





■ウォーターセブン編が好き!!

・「ゴーイングメリー号のエピソードは、今読んでも泣ける」(24歳/学校・教育関連/専門職)

・「ロビンの思いに胸を打たれる」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「感動できる話が多かったと思う」(20歳/学校・教育関連/その他)





■空島編が好き!!

・「エネルが意外と好きだから」(32歳/情報・IT/技術職)

・「はるか昔の友情が証明される戦いにワクワクする!」(28歳/金融・証券/営業職)





■総評

1位は壮大な物語のプロローグ、東の海(イーストブルー)編。ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジなどの主要メンバーに出会い、仲間を増やしていく過程が楽しめます。仲間と一緒にグランドラインへ突入したルフィの次の活躍の場は砂漠の王国アラバスタ。2位に選ばれたアラバスタ編ではビビとの絆が描かれます。





3位は海軍本部や王下七武会との戦いを描いた頂上戦争編。ド迫力のバトル、そして死にゆくエースが最愛の弟ルフィに別れを告げる名シーンに涙した人は多いはず。空島編から新たな仲間として加わったニコ・ロビンにスポットが当たるウォーターセブン編は4位、それまでの世界観から一変した空島編は5位にランクイン。特に4位のウォーターセブン編は、頂上戦争編と同じく、ロビンと仲間たちの友情、ゴーイングメリー号との別れに涙腺が決壊した人は多いでしょう。『ONE PIECE』好きからすると「何編が好きか?」というのは定番の話題ですが、改めて振り返ってみると、どれも忘れられないエピソードですね。





(文・塩澤真樹/C-side)





調査時期:2012年6月8日〜6月11日

調査対象:マイナビ ニュース会員

調査数:男性288名

調査方法:インターネットログイン式アンケート