(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●献帝、伏皇后を使い曹操暗殺を図ろうとするも
魏王にならんとする曹操を献帝は暗殺しようと企みます。そこで伏皇后が彼女の父に対して密書を送ろうとしますが…。その役割を宦官の穆順に任せることにします。

しかしながら曹操は伏皇后の侍女から暗殺の件を聞き出し、許褚と共に穆順を捕らえ密書を発見します。もちろん、激怒した曹操は伏皇后を捕らえ、伏皇后はもちろんその子供や一族まで皆殺しにします。

そのうえで献帝の新しい皇后には曹操の娘を嫁がせる事になり、曹操は献帝の義理の父となります。この件で実質的に曹操は皇帝となったと言えます。
●曹操、龐徳を捕らえる!
漢中の張魯軍の鎮圧のさい、元馬超の猛将である龐徳を捕らえます。これによって張魯軍は何も出来ない状態になります。

但し、曹操としては出来るだけ損害を出したくないと考えていたところで司馬懿(仲達)が献策します。その策は張魯配下の楊白に賄賂を贈り裏切らせるというものです(ちなみに楊白は馬超の劉備軍帰順第48話「葭萌関の決闘」のさいに斬り殺されているはずですが)。

※ちなみにこの回が司馬懿(仲達)初登場です。

これによって曹操は難無く張魯を降伏させるのですが、楊白は主人を裏切った罪で曹操に切り捨てられます。

ここで曹操は漢中を制圧しますが、益州の制圧計画は一時休止します。
●その他の出来事
孫権の妹で劉備の妻である貞姫は神々・竜々によって劉備の元に戻ろうとしたのですが、孫権の追手に連れ戻されてしまいます。

また、曹操に対抗するため劉備と孫権は同盟を結ぶ条件で荊州の返還を約束します。しかしながら、曹操と孫権の戦争は和議により休戦を迎えることになります。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第49話「関羽危うし!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第48話「葭萌関の決闘」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第47話「龐統の仇を討て!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第46話「落鳳坡に死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第45話「凶星西の空に輝く」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト