炊飯器でレストラン並みのチキン煮込みができる!

写真拡大

炊飯器ってすごい。

肉じゃがや豚の角煮といった煮物はもちろんのこと、チーズケーキやチョコレートケーキといったスイーツまでつくることができる。

もはや万能調理器のレベルである。

今回は、レストラン並みの料理を目指して、イタリア料理のカチャトーラ風にチャレンジしてみた。

カチャトーラとは、鶏肉をトマトやローズマリー、ビネガー、ニンニクなどと共に煮込んだイタリア料理。

ここではトマトを省き、よりシンプルでさっぱりとした味わいに仕上げた。

材料(2人分)手羽元 8本 / ニンニク 1かけ / ベーコン 2枚 / 玉ネギ 1/2個 / ローズマリー1本塩コショウ 適量 / 薄力粉 適量 / サラダ油 適量 / 白ワイン 100cc / 水 200cc / 白ワインビネガー 大さじ1つくり方鶏手羽元に塩コショウをふってしっかりと下味を付ける。

その後、薄く薄力粉を付ける。

フライパンに油を入れて火にかけ、スライスしたニンニクを入れて香りが出てきたらベーコンを入れて炒め、1の手羽元を焼く。

焼き色がついたらOK。

炊飯釜に2とスライスした玉ネギ、ローズマリー、白ワイン、水、白ワインビネガーを入れて炊飯ボタンを押す。

炊飯が終了したら完成。

※炊飯器の機種によっては米の炊飯以外の使用を禁じているものもあるので、取扱説明書をチェックしてください。