愛知県のジャンボエビフライには、大人の夢がつまっている!

写真拡大

「愛知県の魚」とは? 実はクルマエビなのだ。

「魚じゃないのでは?」というツッコミはおいといて、名古屋人および愛知県民が元来エビ好きなことは間違いない。

さらに近県、三重県の魚はイセエビだったりする。

エビフライが名古屋名物というのは、「タモリ氏が広めた(エビフリャ〜!)」というのが定説。

そこに便乗し、後付けした感が強い。

でも名古屋人がエビ好きというのは間違っていない。

実際、名古屋市内のレストランには「名古屋名物エビフライ定食」やら「エビフライサンド」があふれている。

そんな中、純粋にエビフライLoversに支持されている店が、千種区にある「キッチン欧味」だ。

欧味のエビフライは通常、3段階の大きさに分けられる。

普通サイズはまぁいいとして、ジャンボは長さ25センチもある。

それだけでもすごいのに、ジャンボ&ジャンボ(店呼称はジャジャンボ!)は何と長さ30センチもあるのだ! 聞けば、使われているエビは天然のブラックタイガーだという。

そんなに大きなブラックタイガーが存在していることもちょっとした恐怖。

して、その味ってどんなもんなのよ? と疑問を抱きつつ、現場に潜入してみた。

衣を付ける前のブラックタイガーを見せてもらう。

当たり前だが、この時点で「な、長い……!」と、絶句。

これに衣を付けて、カリッと焼きあげるのだが「うまく筋切りしないと、揚げている間に丸まっちゃうんですよ」という。

揚げ時間は数分、意外と早い印象だ。

揚げ過ぎると当然、身は固くなる。

そのあたりの見極めはさすが、長年エビフライを揚げてきただけのことはある。

あっと言う間に完成。

長さをメジャーで測ってみよう。

28、29……ジャスト30センチ! すげええ。

看板に偽りなしだということを確認した。

では、実食に移ろう。

まず、大き過ぎて箸でつかみにくい!(笑) しかしご安心を。

店に頼めば、ちゃんとカットしてくれる。

口に頰張ると、サックリした衣の中にエビさんが登場。

プリップリの食感が、エビ好きにはたまらない。

ずーっと口の中にエビがあふれている幸福感を堪能できる。

そのボリュームに圧倒されつつも、自慢のタルタルソースはあっさり風味で、これならドンドン食べられる。

そのヒミツは、油にあるようだ。

ジャンボサイズだからこそヘルシーに、と揚げ油にはラードではなく植物性油脂を使用。

タルタルソースには綿実油を使っている。

サクサク感を出すために、パン粉は通常よりも粗めにしているそうだ。

ただのネタメニューでないのは、「好きな人は尻尾まで食べるよ」という店主・大野稔さんの言葉が物語っている。

この香ばしさがたまらない!今でこそ店名物の「ジャンボエビフライ」。

そのきっかけは15年前、問屋で売れ残っていた大きなエビを引き取ったことだという。

余り物や残り物、まかないからスタートするのは、手羽先や台湾ラーメンなど名古屋グルメの定石だ。

しかし近年は、大型のブラックタイガーの出回る量が少なくなっているようで、それが悩みの種だという。

実は長さ30センチの「ジャジャンボ」の上に、さらに大きな長さ33センチ以上の「メガジャンボ」もあるらしい。

これはもはや品薄で、幻のメニューになりつつあるとか……。

「一体いつ食べられるんだと、お客さんにも怒らるんですよねぇ」と、大野さんは頭をかく。

33センチを要求する客とは一体どんな客なのだろうか……。

いずれにしろ、タイミングよく食べられた人は超ラッキーだ。

実は大野さん、エビフライには特別な思いがあるのだとか。

「昔、遊園地で食べたお子様ランチが忘れられないんですよ」と。

そういえば欧味のメニューを見ると、ナポリタンや目玉焼き、ミックスベジタブル、ポテトと、つけ合せがどことなくお子様ランチっぽい。

「僕は昔、お子様ランチのエビフライが大きいと、すごくうれしかった。

だから大人になって、おなかいっぱいエビフライを食べれるって幸せだよね」と、大野さんはニコニコ笑顔を振りまく。

その笑顔で謎が解けた気がした。

エビフライはただの名古屋名物じゃない。

かつて子どもだった大人たちの、夢が詰まっているごちそうなのだ。

大人よ、来たれ名古屋へ! 子ども時代の思い出に浸りながら、エビフライを「大人食い」しようではないか!!