缶詰レシピコンテストや話題の「缶’s Bar 」も登場! 缶詰フェスティバル

写真拡大

日本缶詰協会は防災の日である9月1日に、「防災の日缶詰フェスティバル2012in秋葉原」をベルサール秋葉原で開催する。

同イベントでは、「缶詰、びん詰、レトルト食品」の食材としての汎用(はんよう)性の高さを啓発。

保存性に優れ、災害時にも役立つことを再認識してもらうために開催する“缶詰の祭典”だ。

同イベントでは、郷土料理やB級グルメなどの「缶詰を使った全国のご当地料理」アレンジレシピコンテストを実施する。

一般公募で集まった120件のアレンジレシピの中から、6作品を厳選。

考案者本人が会場で調理実演を行い、来場者の試食・投票によってナンバーワンレシピを決定する。

また、缶詰に精通していることから缶詰博士と呼ばれる、黒川勇人氏によるトークショーも開催。

“なぜ今、缶詰ブームが起きているか”についてや、最新の缶詰エンターテインメントである「缶詰寿司」の作り方などを、ゲストとともに楽しくトークする。

会場には黒川氏が監修する特設ブースも展開。

ブースでは黒川氏オススメの「缶詰チョイ足しレシピ」をパネルで紹介する他、明太子や宝うになど、珍品缶詰を集めて展示する「ニッポンのレア缶詰コレクション」を開催する。

今年1月に秋葉原でオープンしたユニークなコンセプトのスタンドバー「缶’s Bar」が、1日限定で会場内にオープン。

黒川氏が考案した限定オリジナルメニューをはじめ、イベント協賛メーカーが提供する缶詰をアレンジしたメニューを多数用意。

1ドリンクと1缶詰メニューを価格100円で販売し、売上金は東日本大震災の義援金として寄付する。

エム・シーシー食品、極洋、国分など、同イベントの協賛企業9社が自社商品などを直接アピールするステージショーも実施。

1社につき3〜5分間程度で、各社がスクリーンを使いながら“新商品”や“イチオシ商品”などをプレゼンテーションする。

その他、缶詰の詰め合わせがもらえる“メイドと対決・ジャンケン大会”や、マイグッズを持参して缶に封入する“オリジナル缶づくり”なども実施する。

同イベントは11時から16時30分まで開催。

雨天決行。

入場料は無料。