トリンプとピップが開発! 冬の肩・腰のコリをほぐす肌着「マグネセレブ」

写真拡大

トリンプ・インターナショナル・ジャパンは、2012年秋冬向けインナー「マグネセレブ」を9月6日より発売する。

同商品はピップとの共同開発によるもので、磁力で血行をよくし、コリをほぐすインナーだ。

同社は冬の下着やファッションに関する女性の悩みを解消する商品として、「Warm SENSATION(ウォームセンセーション)」を展開。

「着ごこち(乾燥や静電気が気になる)」「着こなし(着膨れや薄着ができない)」「冬疲れ(猫背やコリ)」をテーマにしている。

その一つの「冬疲れ」対策として発売するのが同商品だ。

冬疲れの中でも肩コリや腰こりには多くの女性たちが悩まされている。

厚生労働省が公開している「国民生活基礎調査」(平成22年度)でも、女性の自覚症状のある病気やけがの1位に「肩こり」、2位に「腰痛」が上げられている。

同商品はそんな「肩こり・腰痛」を解消すべく、「ピップエレキバン」でおなじみのピップとの共同開発により誕生した。

トップは肩から背中まわりにかけてのポイントに12個、ボトムは腰の後ろ周りなどのポイントに8個の永久磁石を配置。

肩や腰の血行をよくして、コリをほぐす。

インナーの素材には、遠赤外線を放射する素材「ダイナホット」を使用。

磁石を配置している部分は特殊な接着技術を用い、外側から凹凸が分かりにくくなっている。

同商品はトリンプ初の管理医療機器であり、ピップにとっても、初のインナーウエアメーカーとのコラボレーション商品となっている。

商品ラインアップは、トップス3種(袖なし、5分袖、8分袖)、ボトムス3種(腹巻、5分丈、9分丈)。

価格はトップス4,200円〜、ボトムス3,150円〜。