「鶏の足」焼きはいかが? ベトナム焼き鳥専門店「ビンミン」日本初出店

写真拡大

フクモチックはベトナムの有名な焼き鳥専門店、「ビンミン」の東京支店を開店した。

店は高円寺の大一市場内に出店している。

「ビンミン」はベトナムのガイドブックには必ず掲載されるほどの有名焼き鳥店。

日本語メニューも用意され、ハノイに駐在する日本人にも人気の店となっている。

ビンミン本店のファンだった同社の代表が、日本に支店を開業させてほしいと交渉した結果、親日家だった「ビンミン」本店のオーナーが快諾。

このほど東京・高円寺に開店することとなった。

メニューは独特のスパイスとバター、はちみつなどで複雑に調味され、大串に大胆に刺された串焼き料理。

焼き鳥といっても日本のものとは別格で、バーベキューに近い。

スパイシーで甘じょっぱい味は、ビールや焼酎との相性が抜群。

一度食べたら止まらなくなるような魅力があるという。

同店では日本では珍しい「鶏の足」や「焼きパン」も食べることができる。

特にベトナムやアジア全域で最も人気の部位「鶏の足」の焼き鳥が食べられるお店は、東京でもまだ数が少ない。

「鶏の足」目当てに、同店へ通うベトナム人もいるという。

また、同店は高円寺の大一市場の中にあり、隣の区画には日本初の“生麺フォーとベトナム屋台料理”の専門店「チョップスティックス」がある。

料理はどちらの店からも注文することが可能。

両店ではベトナム語が飛び交い、雑多な雰囲気も合わさって、まるでベトナム現地のような中で食事を楽しむことができる。

同店は17時30分〜深夜2時まで営業。

定休日は火曜日。