地方に向けたクラウド型タクシー配車システム稼働開始

写真拡大

サービスビジネスなどを行っている日本ユニシスは、クラウド型タクシー配車システム「smartaxi(スマートタクシー)」に、地方都市のタクシー会社向けに新機能を追加し、東北地方の老舗のタクシー事業者、福島貸切辰巳屋自動車で稼働を開始した。

タクシー需要の多い大都市圏では、走りながら利用者を探す「流し営業」が多く、一方、地方都市ではタクシー利用者から依頼を受けてから「配車」をすることが多いという特徴がある。

このため、地方都市のタクシー会社は、限られたタクシー台数の中でより効率的な配車を行う必要があったという。

同社では、配車の予約や車両の指定などの新機能を追加し、配車における機能をさらに充実させた。

主な新機能には、オペレーターが、地図上でタクシーを指定して配車する「指定配車機能」をはじめ、ドライバーがスマートフォン上の「到着が遅れる」、「事故トラブル」といったボタンを押すだけで、配車センターにその旨のメッセージが通知される「連絡機能」がある。

また、指定の待機場所で待機しているタクシーに順位をつけて配車する「待機場所機能」、配車の予約設定を行う「予約配車機能」を搭載しているとのこと。