これはナシ? 結婚祝いのプレゼント




周囲に結婚ラッシュが続くほどに、悩むのは結婚祝いのプレゼント。あれこれ考えて選んでも、本当のところは喜ばれるだけではないようです。そこで、結婚祝いの実情について、アンケートで聞いてみました。



調査期間:2012/5/11〜2012/5/14

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■1番食器、2番おめでたい置物



「もらってもあまりうれしくなかったもの」について聞いたところ、最も多かったのは、92人(9.2%)が挙げた「食器」(29歳/男性ほか)でした。

「ばらばらのサイズのお皿1枚ずつのセット。食器棚にしまうのも、実際に使うのもペアセットなどでないと使いにくい」(27歳/女性)

「ハート形の食器。詰めづらい、洗いづらい、収納に場所を取る一方で、使う機会がない」(31歳/男性)

「夫婦で晩酌してください、というとっくりのセット」(31歳/女性)

分かりやすい理由(?)で、不評です。



続いて、インテリアグッズが目立ちました。

「置時計。趣味が合わなかった」(35歳/女性)

「デジタルフォトフレーム。使う機会がほとんどない」(31歳/男性)

「写真立て。写真を家に飾る習慣がないので、使い道に困った」(31歳/女性)



また、おめでたいことの象徴とされる

「富士山の絵の額縁」(51歳/男性)

「布でできた小さいひょうたん」(26歳/男性)

「縁起物かもしれないけど、ぶたの貯金箱」(27歳/女性)

「博多人形。じゃまだけど捨てられない」(51歳/男性)

なども、趣味が合わないものは要注意のよう。



生活雑貨や日用品では、

「印鑑証明用の印鑑、出番がない」(30歳/女性)

「サイフォン式のコーヒーメーカー。コーヒーは好きだが面倒くさい」(38歳/男性)

「ピクニックセット。バスケットの中に皿とフォーク・スプーンなどが入っている」(45歳/男性)

「ペアルックのパジャマ」(27歳/女性)

「バスローブ。正直使わない」(25歳/女性)

どれも、当人たちが使わないものは歓迎されないようです。



また、困るアイテムとして、次の「写真や名前入りグッズ」を挙げた人もいます。

「二人の名前や顔写真入りの食器」(29歳/女性)

「写真入りお酒」(29歳/女性)

「たぬきの信楽焼。しかもつがいで、おなかに私と夫の名前入り」(26歳/女性)

受け取った方はどうしても使いづらいようです。



■喜ばれる現金、カタログギフト、サプライズグッズ



では、どのようなものが喜ばれるのでしょうか。



1位は、現金・金券類で196票(19.6%)。

「できる限り現金、金券のほうがうれしい。品物になると好みがあるので、趣味が合わないと使わなくて終わりそう」(34歳/女性)

「商品券。好きに使えるし、額が分かるのでお返しもしやすい」(24歳/女性)

結婚当初は何かと出費も多いはずで、やはりこれがありがたいのでしょう。



次いで、「選べるカタログギフト」(30歳/男性ほか)が65票(6.5%)で、

「自由に選べて配送してもらえる」(24歳/女性)

と、必要に応じて好みの商品をチョイスできる点が人気です。



ほかに、

「エスプレッソマシーンなど、なかなか自分では買わない調理器具」(32歳/女性)

「東京ディズニーリゾートのペアチケット」(27歳/女性)

「学生時代の友達からなら、当時の楽しかった生活を思い出すような、写真を入れたタンブラーや色紙など手作りプレゼントがいい」(25歳/女性)

という声もありました。オリジナル、サプライズなグッズが好まれるようです。



喜ばれると思いがちなペアグッズや無難のように思う食器類も、不要と感じる人が多いと分かりました。プレゼント選びの参考にしてください。



(岩田なつき/ユンブル)