外国人から見た日本 (33) 母国に説明が難しい……これって日本特有の言葉?

写真拡大

外国人が日本に来て、苦労することのひとつに言葉があります。

母国にはない言葉が日本では当たり前のように使われていたり、聞いたこともない意味の言葉があったり……。

そこで今回は、外国人に聞いた、「母国の人に説明するときに困った日本語」をご紹介します。

・「よろしくお願いします」というフレーズは「It's a pleasure to make your acquaintance.(あなたと知り合いになれてうれしいです)」と同じような意味ですが、さまざまな状況で使えるらしいです(アメリカ/男性/30代前半)あなたと会えてうれしいというよりも、物事を頼むときに使うことが多いかもしれません。

でも、「はじめまして、よろしくお願いします」や「次もよろしくお願いします」というように、使うシーンによっても「よろしく」の意味が変わってくるので、英語で「よろしく」を一つの単語で表すのは難しいですね。

・「頑張る」という言葉です。

昔の忍者は自分の姿を見せないために、木にへばりついて敵の様子を見たりして攻撃をした。

その目に見えない忍者の努力が「頑張る」だと日本人に言われたので、私もそのように伝えています(ブラジル/女性/50代前半)「頑張る」の語源はさまざまありますが、そういう説もあるんですね……。

母国に「頑張る」という言葉はないとしても、似たような言葉があるかも。

困難にめげず物事をやり抜いている人(頑張っている人)はどこの国にもいますからね。

・本音と建前。

いつも本当のことは言わないで、心の中にある(マリ/男性/30代前半)本音という意味の言葉は説明できても、建前のほうは難しそう。

あえて説明するならば……相手に不快な思いをさせないために、本当のことを言わないこと、とか?でも、「じゃあ何も言わなければいいのに」と思われちゃいますよね。

・「やっぱり」です。

「やっぱり」に意味の近い表現を使って例えます。

例えば、「そう思いました」などです(シリア/男性/30代前半)「そう思っていた」っていうのはいい説明ですね。

そう思っていたけど、そうだったって意味ですもんね。

「やっぱり」って……説明してって言われるとちょっと難しい。

前後に文章がないと使えない言葉ですね。

・「ただいま」「おかえり」のようなやり取りはフランス語では言わないのでとても説明しにくいです(フランス/男性/20代後半)フランスでは、家や会社に帰ってきたときに何か言わないのでしょうか?個人的には、「ただいま」「おかえり」の掛け合いがあるのとないのとでは、家庭内の雰囲気が変わるような気がしますが……。

・「ごちそうさま」という言葉はありませんので、イタリア語で訳すと長い文書になってしまう(イタリア/女性/30代後半)食べ物に対する感謝の気持ちを表す言葉がほかにあるのかもしれませんね。

イタリア語に訳した場合、どんな長文になるのか気になります。

・「いただきます」(イギリス/男性/40代前半)イギリスのほかにも、多くの国が「いただきます」という言葉はないという答えでした。

それでは、もちろん手をあわせて……という作法もないですよね?・愚妻、家内など。

直訳するとドイツではすごくビックリされます。

自分の家族を他人に対して謙そんして話す表現だと説明します。

ですが、説明しても、やはり皆「それは変だ」と言うので、納得させるのは難しいようなので困ります(ドイツ/男性/30代後半)直訳だと、愚かな妻ですもんね。

謙そんの意味がわからないと、ただの悪口になっちゃいますし……。

日本語って難しいですね。

・「お疲れさまでした」(インドネシア/男性/40代後半)会社では帰り際でもすれ違いざまにも使えますし、メールでも「お疲れさまです」と入れておけば、あいさつ文として成立してしまうようなところもあります。

心から相手をねぎらっているかは別として……気軽に使える便利な言葉です。

「いただきます」「ごちそうさま」「いってきます」など、日本で当たり前のように使っているあいさつが、外国では使われていないということが多いようです。

母国で使われていない言葉をその国で説明するのは、とても難しいですよね。

日本には世界で使われていない意味の言葉が多々あるんですね。