【男性編】職場での電話応対で困ったことランキング
戸惑うことの連続です





職場での電話応対は、慣れるのに時間がかかるもの。急に思いがけないことを聞かれたり、すぐに返答しなくてはならなかったり……。自分に答えられない質問があったときは、あせりますよね。そんな事態になったとき、皆さんはどうやって乗り切っていますか? マイナビ会員の男性378名に聞きました。





Q.職場での電話応対で困ったことについて教えてください(複数回答)

1位 相手の名前が聞き取れなかった 28.2%

2位 業者のセールス 9.3%

3位 発音が不明瞭(めいりょう)で、何度聞きか直しても何を言っているのかわからない 8.4%

4位 「おれだよ」など、名前を名乗らない 8.3%

5位 無理難題をいわれる 7.5%







■相手の名前が聞き取れなかった

・「耳が悪いのか、なかなか聞き取るのが難しい」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「誰かわからないので困る」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「読みがしっくりこない微妙な名前は困る(笑)」(34歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)





■業者のセールス

・「CMでおなじみと言われても、見たことがないから」(26歳/情報・IT/技術職)

・「不要なセールスにかぎって話が長くて困ることが多いから」(29歳/小売店事務系専門職)

・「電話番号が公開されているので、頻繁にかかってくる」(32歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)





■発音が不明瞭(めいりょう)で、何度聞きか直しても何を言っているのかわからない

・「特に英語方言」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「聞き返すのも申し訳なくなってくるので」(28歳/その他)

・「なにを言っているのかわからなかったとき」(22歳/マスコミ・広告/営業職)





■「おれだよ」など、名前を名乗らない

・「声だけではわからなかったので」(24歳/情報・IT/技術職)

・「住所やお名前などで何度も聞くのが失礼に感じるのに、どうしても聞き取れないことがたまにある」(23歳/学校・教育関連/営業職)

・「何回も聞いていると逆ギレされて困る」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)





■無理難題をいわれる

・「苦情対応は大変です」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「無理難題を言われると、困ってしまうから」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「仕事柄、よく言われる」(49歳/情報・IT/事務系専門職)





■番外編:困ってしまうシチュエーション

・「出前のするところと間違ってかかってくる」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「電話状況が悪いのか、よく切れて何度でもかけてくる」(33歳/情報・IT/技術職)

・「英語でしゃべられたらあせる」(29歳/電機/技術職)





総評

1位は「相手の名前が聞き取れなかった」でした。これは結構つらいものですし、またはよくあることでもあります。「何度も聞いたら悪い」と思う人もいるようですが、知らないままなのも気になります。名前を聞けるチャンスは最初だけ。恥ずかしくても、思い切って聞いてしまった方がいいのかもしれません。





4位の「『おれだよ』など、名前を名乗らない」のような人は結構多いようですね。いくらお得意さまでも、声だけで覚えてもらうのは、至難の業です。携帯電話の感覚で、相手に番号が登録・表示されていると思っているのかも。





5位のように「無理難題をいわれる」ケースもつらいものですね。言っている本人は「無理難題」とは思っていないケースがほとんどです。気をつけましょう。





不慣れながらも心のこもった対応をすることが、職場での電話応対では大切なことかもしれません。電話をかけてきた人に、「ありがとう。あなたで良かったわ」と言ってもらえるような電話応対を目指して、今日も一日、お仕事を頑張りましょう。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)





調査時期:2012年6月14日〜2012年6月17日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性378名

調査方法:インターネットログイン式アンケート