タグ・ホイヤー、レジェンダリーコレクション「カレラ」直営店限定モデル

写真拡大

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンはこのほど、1964年に誕生したタグ・ホイヤーのレジェンダリーコレクション「カレラ」より、マザーオブパールとローズゴールドの輝きがクロスする直営店限定モデルを発表した。

タグ・ホイヤーを象徴する同コレクションは、1950年代に開催されたロードレース「ラ カレラ パナアメリカーナ メキシコ」にインスピレーションを受けて誕生した。

「カレラ」はスペイン語で「レース」のほかに、「人生」や「道」「キャリア」を意味する。

このたび誕生した「カレラ レディ ローズゴールド」直営店限定モデルは、美しい輝きを放つマザーオブパールのダイアルをローズゴールのケースが包み、優美なホワイト、もしくはスタイリッシュなブラックのアリゲーターストラップがセッティングされた腕元に華やぎを添えるタイムピース。

全国の直営店(エスパス タグ・ホイヤー 銀座、エスパス タグ・ホイヤー 表参道、エスパス タグ・ホイヤー 心斎橋、エスパス タグ・ホイヤー 福岡、タグ・ホイヤー 大丸神戸店)にて販売される。

価格は89万2,500円。