夏は虫歯のリスクが高まる季節。子どもの虫歯を防ぐ簡単な方法とは?

写真拡大

まだ暑い日が続く日本列島。

生活リズムが崩れやすく、冷たく甘いアイスやジュースなどを摂りがち。

特に子どもは、現在、夏休み中。

おじいちゃん、おばあちゃんも甘いものを子どもに与えてしまう。

たまに食べるのは問題ないが、とりすぎは肥満、さらには虫歯にもつながってしまう。

そこで、今回は子どもの虫歯事情について、ママ情報サイト「ママこえ」編集長・得丸あしたさんにうかがってみました。

「5月に行ったアンケートでは、お子さんが初めて虫歯になったのは3歳のときが一番多いという結果になりました。

甘いものを与えだす時期でもあり、またお子さんに歯みがきをやらせるのはまだ難しいので、虫歯になりやすいのではないでしょうか」(得丸さん)ママたちは子どもの歯のケアに気を遣っているものの、歯みがきを嫌がる子どもは多い。

「お子さんに歯みがきの習慣をつけさせるための工夫として、歌いながら歯みがきをするママも多いですね。

アニメソングが流れる歯みがきタイマーを使っている方もいらっしゃいます。

やはり、楽しみながら歯みがきをすることが重要です。

そのためには、きちんとできたらほめてあげることも忘れないでくださいね」口の中に硬いものが入ると違和感があり、抵抗する子もいるので、デンタルケアは早いほうがいいと得丸さん。

歯が生える前に歯ぐきをガーゼで拭いたり、マッサージをしたりするママも少なくない。

「毎日子どもの歯をフロスで仕上げる方もいらっしゃいますし、全体的に、デンタルケアに対する意識は向上しているように感じます」ママたちはデンタルケアに関する情報にも敏感で、さまざまなケアに取り組んでいるとのこと。

同サイトのアンケートによると、『子どもの歯のためにやっていること』に、歯ブラシ、定期的な歯科医通いに続き、食後にお茶を飲ませるママが多いことがわかったという。

「お茶で口の中のものを流すというのは、古くからあるケア。

食後にすぐできることから、定着しているのではないでしょうか。

子どもがぐずったときのためにジュースを持ち歩くママも多いですが、かわりにお茶をあげるのもいいかもしれません」さらに、小児歯科学を専門とする大阪大学名誉教授・大嶋隆先生によると、小児期に「歯磨きの6つのポイント」を守ることで虫歯の予防につながるという。

■子どもの歯みがきのポイント 1)子どもの前で楽しく歯を磨く。

子どもは親の楽しいことは自分も早くしたいと思う。

2)歯が生えれば、歯ブラシで歯を磨く。

歯垢(プラーク)は歯ブラシでなければ取れない。

3)歯ブラシが持てるようになれば、自分で磨かせる。

4)小学校低学年までは、母親が点検磨きをする。

日に一度、夕食後に丁寧に行う。

5)歯磨き剤はうがいができるようになってから、フッ素入り歯磨き剤を用いる。

それまでは歯磨き剤を使わない。

6)歯ブラシは柄がまっすぐで、硬い毛のヘッドが小さいものを選ぶ。

毛が曲がれば、新しい歯ブラシに換える。

また、大嶋先生によれば、ウーロン茶の摂取が虫歯予防に有効とのこと。

ウーロン茶に含まれるポリフェノールは、虫歯に対して強い抑制作用を生むという。

「ウーロン茶は口全体に行き渡るため、歯垢(プラーク)をできにくい状態にしてくれるだけでなく、歯みがきで取れにくい奥歯などの歯垢(プラーク)に作用して、取れやすい状態にしてくれます。

また幼児の歯みがきでも、歯みがきを行う前に、ウーロン茶で子どもの口をすすぐと、より効果的です」(大嶋先生)このような最新の知識をキャッチすることも、デンタルIQを高めるためにはかかせない。

ところで、あなたの歯の健康に対する知識レベルはどのくらいだろうか? 母親・父親向けのチェックリストがあるのでぜひ、試してみよう。

「虫歯予防チェックリスト」 志村真理子先生(志村デンタルクリニック副院長)1)虫歯はプラーク内の細菌が出す酸によって歯が溶かされてしまうことである →正解は「Yes」 2)虫歯菌の代表はミュータンス菌である →正解は「Yes」 3)虫歯ができる条件は、1.細菌(虫歯菌)、2.歯の質、3.糖分、4.時間である →正解は「Yes」 4)口の中には300〜400種類の細菌が存在している →正解は「Yes」 5)水よりもウーロン茶を飲んだほうが虫歯予防効果が高い →正解は「Yes」 6)赤ちゃんの口の中には虫歯菌(ミュータンス菌)はいない →正解は「Yes」 7)子どもの口には大人の口から虫歯菌は感染する →正解は「Yes」 8)出産すると歯のカルシウムが子どもにとられてしまう →正解は「No」 9)乳歯に虫歯があると永久歯の虫歯のリスクが高まる →正解は「Yes」 10)砂糖の入った甘いお菓子を食べなければ虫歯にはならない →正解は「No」