BILLIONAIRE BOYS CLUBが再始動 原宿にショップオープン

写真拡大

 Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)手掛けるブランド「BILLIONAIRE BOYS CLUB(ビリオネア・ボーイズ・クラブ)」が、国内での展開を再スタートする。2011年は国内流通を休止していたが、8月31日に東京・原宿に出店。「BILLIONAIRE BOYS CLUB」や「ICE CREAM」に加え、2012年2月にスタートしたラグジュアリーコレクションの「BILLIONAIRE BOYS CLUB-BEE LINE」を展開する。 BBCが再始動、ラグジュアリーラインの展開もの画像を拡大

 メインコレクションの「BILLIONAIRE BOYS CLUB」と、グラフィックTシャツなどのカジュアルアイテム中心に展開している「ICE CREAM」は、2005年にスタート。同年には、裏原宿にオンリーショップを出店。音楽・ファッション業界の若い才能たちにカルト的な人気を得ているが、2011年の国内流通休止とともにショップもクローズしていた。新しくオープンする旗艦店「BILLIONAIRE BOYS CLUB TOKYO」は、「EASTPAK(イーストパック )」の店舗跡地に出店する。同店で新たに国内上陸する「BILLIONAIRE BOYS CLUB-BEE LINE」は、ファッションデザイナーであるMark McNairy(マーク・マクナイリー)とコラボレーションで制作されるラグジュアリーなコレクション。カシミアやラムウールなどの上質な素材を使用したセーターやシャツ、ボトムス、ジャケットに加え、限定のシューズを展開する。オープンには、「BILLIONAIRE BOYS CLUB」からストアエクスクルーシブのTシャツが登場する。価格は税込6,300円。 Pharrell Williamsは、チャド・ヒューゴと組んだビートメイカーデュオ「The Neptunes(ネプチューンズ)」やチャドに幼なじみのシェイ・ヘリーを加えたオルタナティブ・ロックバンド「N.E.R.D」の一員、シンガー、作曲家、プロデューサーとして幅広く活動している。その一方で、彼のスタイルやクリエイティブな審美眼は音楽の分野を超えて高く評価され、自身がプロデュースする「BILLIONAIRE BOYS CLUB」の展開だけではなく、2008年には「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」とコラボレーションし、限定ジュエリーをリリース。2009年には芸術家村上隆と共同作品「Simple Things」の他、エマニュエル ペロタンギャラリーのためにデザインした椅子「Tank」を発表している。■BILLIONAIRE BOYS CLUB TOKYO東京都渋谷区神宮前4−25−1ライサ1F-C11:30〜19:30TEL:03-5770-0018http://billionaireboysclub.jp/取扱ブランドBILLIONAIRE BOYS CLUBBILLIONAIRE BOYS CLUB-BEE LINEICECRAM