文法を意識することなく、高度な英会話力が身に付ける学習法とは?

写真拡大

1990年代初頭より国際的なIT企業や展示会の取材に東奔西走。

ビデオ動画とソーシャルメディアを組み合わせた表現方法で情報発信を続けてきた神田敏晶さん。

実はロゼッタストーンを使って学習をしていたという。

生きた英語力を習得するコツをうかがってみた。

「まるで英語圏に生まれ、赤ちゃんのころから無理なく英語になじみながら育っていく。

そんな錯覚に陥らせてくれる教材です」ロゼッタストーンの魅力の最も大きなものを、神田さんはこう解説してくれた。

日常で使う頻度の高い単語を何度も繰り返し学習させるロゼッタストーンのカリキュラムは、神田さんのようにすでに日常会話レベルをマスターした人にとってはもどかしくもあり、最初は物足りなさも感じたという。

「しかし、発音の波形を解析してくれる『スピーチ解析』機能をチェックしていくと、英語は舌の動きによる発音よりも、抑揚、アクセントが重要なのだと理解させられました」と、その効果を実感したそう。

また、“a”“an”“the”などの冠詞を単数形や複数形に応じてどう使い分けるかという、日本人にとって苦手な部分を、ロゼッタストーンのカリキュラムは解決してくれるという。

「複数名詞に“the”を付ける場合はどういうときなのかなど、冠詞の使い分けについて日本人はとても苦手です。

いくら単語を暗記し、文法を学んでも、実地の会話力では冠詞を含めた単語の使い方と複数形をキチンと使い分けることができないと、意味がまるで通じないということになりますから」神田さんがそう指摘する冠詞と複数形の課題についても、ロゼッタストーンならカリキュラム順に進むことで自然に身についてくるという。

「全編を通して行われる、日常の生活シーンを表した写真と関連づけたリスニングとスピーキングの繰り返し。

この、単純で繰り返し行われる学習法が、文法から意識させることなく視覚と関連づけた情報を素早く英語化してしまう能力を高めるんでしょうね」それこそが、前述の“赤ちゃんのころから英語で育っていく錯覚”だと神田さんは力説した。

1991年からアップル社のキーノートスピーチに参加。

ジョン・スカリーやスティーブ・ジョブズを取材したビデオ動画を配信するなど、ビジネスの最前線で英語を駆使していた神田さんがあらためてロゼッタストーンで英語を学ぼうと思ったのはなぜか。

「取材については、あらかじめこちらが用意した質問に答えてもらうものでしたし、撮影後の動画についても正確性を要するときは知り合いのネイティブの助けを借りて訳せばいい。

だから、日常会話レベルの英語については困っていないという認識だったんです」自身の英語力についてこう語る神田さんだが、実はこの日常会話をマスターしているという人が陥る穴にはまっていることを、神田さんも長く気づかなかったという。

それを痛感させられたのが1999年に経験した、さるビジネスミーティングでの出来事だった。

「長年の活動の中で自得してきた我流英語ですから、冠詞や複数形の使い方はもちろん、アクセントもいい加減なわけです。

レストランで食事を頼むなど日常シーンなら問題はないのですが、スピードとあいまいさが許されない正確性を求められるビジネスの会議ではダメ。

『あなたは英語ができるんじゃなかったの? そのレベルならもう引っ込んでいて』。

そんな状況でした」当時の苦い経験を語ってくれた神田さんだが、日本語における外国人におきかえると分かりやすい。

身ぶり手ぶり混じりで外国語なまりのある外国人がたどたどしい日本語でビジネスの場に現れたらどうであろう。

時間がある場合は丁寧に応じられるが、時間の限られた中ではご遠慮願いたいと思うだろう。