オロビアンコCEO監修新ブランドデビュー 天神に″隠れ家″的な1号店

写真拡大

 老舗バッグ店を展開するオルビータが、新ブランド「Caveaux Italiano(カヴォー イタリアーノ)」を2012-13年秋冬コレクションからスタートする。ブランド展開は伊バッグメーカーのオロビアンコ社CEO兼デザイナーGiacomo Valentini(ジャコモ・ヴァレンティーニ)が監修し、同氏が「Va bene(いいね!)」と納得した革バッグやシューズをラインナップ。8月24日、1号店を博多の「天神イムズ」地下2階に出店する。 オロビアンコCEO監修新ブランドデビューの画像を拡大

 「Caveaux Italiano」は、大正12年創業の老舗バッグ店コスモ天地堂を前身とするオルビータがショップ運営や商品の企画・製造を手がける。オルビータ代表取締役社長の尾関一郎が、親日家として知られるGiacomo Valentiniによる「日本の皮革技術でバッグをつくってみたい」という思いを受けて立ち上げた。20代後半から30代をターゲットに、メンズ向けのシューズや"大人の脱力感"をイメージした革バッグを展開。バッグは大人の女性のビジネス使用も意識したユニセックスなデザインに仕上がっている。 Giacomo Valentiniが命名したというブランド名は、フランス語で地下倉庫や納骨堂など大切なものをしまっておく場所という意味が込められていることからビル地下2階に1号店をオープン。「Caveaux Italiano」の最新コレクションをはじめ、バッグやスカーフなどオロビアンコ社が手がける小物をそろえる。すべての製品から店内の備品にいたるまで、Giacomo Valentiniと尾関一郎によりプロデュースされた"隠れ家的な"空間が広がる。