社会人に聞いた「部屋を決める際に妥協したこと」

写真拡大

社会人になり、一人暮らしをするために契約したお部屋。

会社までの通勤時間や必要な設備など外せない条件を考えると、どうしても何かを妥協しなくてはいけなくなるもの。

そこで「マイナビ賃貸」では、一人暮らし経験のある社会人のマイナビニュース会員300人に、妥協しても生活に支障がなかったと思えることについて聞きました。

■日が当たらない部屋でも満足できる!? 建物の向きを妥協「日が当たらないが、日中は家にいないし部屋が暑くなることもないので良かったと思っています」(女性・東京都/33歳)「建物の向きから西日がひどかったが、それ以外は満点だった」(男性・神奈川県/29歳)建物の向きは部屋の日照を大きく左右するもの。

しかし、普段昼間に家にいることの少ない社会人にとっては妥協しても生活に大きな支障はなさそうです。

■設備を妥協! 壁の薄さを我慢できた理由とは……?「家賃の安さを取ったので、ユニットバスで妥協。

一生の住まいではないので我慢しようと思った」(女性・東京都/22歳)「パッと見てキッチンが非常に使いづらいと分かったが、駅が近くセキュリティーもしっかりしているなど、他の条件が良かったので我慢した」(女性・神奈川県/32歳)「すごく壁が薄くてプライバシーに関しては本当にひどかったですが、隣の部屋は会社の同期の人だったので、妥協しました」(女性・埼玉県/28歳)家賃の安さや駅までの距離など、他の条件を優先すると、若干目をつぶらなければならなくなるのが部屋の設備面。

住めば都と言うだけに、慣れてくると気にならなくなるのかもしれません。

■妥協したのは最寄り駅からの距離「通勤では車を使う予定だったので」(女性・千葉県/27歳)「会社のすぐそばに住みました。

会社は駅から30分も離れた場所だったので、休日遊びに行く際には困ったけど、その分平日の朝が楽です」(女性・千葉/30歳)最寄り駅からの距離を妥協したという人もいるよう。

会社の立地を考えると、必ずしも駅近に住むことだけが得策ではないようです。

■裏ワザ!? 部屋の狭さを妥協する方法とは「敷地面積が狭くて不満だったけど、荷物を減らせばいいと思った」(女性・神奈川県/22歳)「実家も都内だったので、荷物を増やさず狭い部屋を選びました」(女性・千葉県/24歳)「寝に帰るだけの毎日だったので、間取りは気にしなかった」(女性・埼玉県/24歳)敷地面積の狭さを妥協する場合、家に置く荷物を減らせばいいという画期的(?)なアイデアも。

「スノーボードの板などのかさばる荷物は、トランクルームに預けた」(男性・神奈川県/27歳)という意見もありました。

平日の日中は会社にいるという社会人の皆さん。

四六時中家にいないからこそ、それぞれに妥協できるポイントがあるようです。

働く環境によって妥協できるところは変わるようなので、これから一人暮らしを始めるという社会人の皆さんは、会社の先輩に普段の暮らしぶりを聞いてみるのも良さそうですね。

(山本莉会/プレスラボ)【アンケート対象】現在一人暮らしをしている、もしくは過去に一人暮らしをしたことがある男女(マイナビニュース会員)調査時期:2012年6月20日〜2012年7月8日有効回答:300件調査手法:インターネットログイン式アンケート

続きを読む