男もスキンケアは常識。でも●●には抵抗がある!? -ライフメディア調査

写真拡大

ライフメディアは、同社が運営するWebサイト「リサーチバンク」において、8月8日から15日までの期間で、男性用化粧品に関するインターネット調査結果を発表した。

この調査は、10代から30代の男性1,149人のアンケート回答を集計したもの。

「身だしなみを整えること(スキンケアやヘアケアなど)に関心があるか」と尋ねたところ、「関心がある」と答えた人は42%だった。

逆に「関心がない」と答えた人は26.4%に止まった。

続いて「顔の肌の悩み」について尋ねたところ、42%の男性が「べたつき・脂っぽさ」に悩んでいた。

以下、「にきびや吹き出物」が25.5%、「カミソリ負け」が21.1%と続いた。

肌の悩みを持つ男性に「スキンケアをしているか」と聞いたところ、23%はスキンケアを「毎日している」、41%は「時々している」と答えた。

スキンケアをしている男性に「どのようなことを期待してスキンケアをしているか」を聞いたところ、半数以上の男性が「清潔感がでる」点を重視。

「肌の悩みが解決・改善する」が47%で続いた。

3位は「若々しく見える」の32.5%だった。

スキンケアでよく使われる化粧品を例に挙げ、「以下の男性用ケア用品を使うことについてどのように思うか」と質問したところ、約2/3の男性が「ファンデーションやBBクリーム」を使うことに抵抗があると回答した。

以下「パック」が60.4%、「美容液」が52.1%だった。

スキンケアはしたいが、手のかかるものや女性的な印象があるものを使うのは抵抗があるという意識が見て取れる。

同調査では、ほかにも「現在使用している化粧品は何か」「男性化粧品やスキンケア、メーキャップに関するエピソード」などの調査結果が報告されている。

調査の全文は「リサーチバンク内、男性用化粧品に関する調査」のページで閲覧できる。