ペット見本市「インターペット」開幕 リックが初出展

写真拡大

ペット産業国際見本市「インターペット〜人とペットの豊かな暮らしフェア」(主催:(社)ペットフード協会/メサゴ・メッセフランクフルト(株))が、8月23日(木)〜26日(日)の4日間、幕張メッセ9ホールにて開催中である。
同展は、ペット関連見本市としてアジア太平洋地域で最大規模のイベント。23日(木)、24日(金)がBtoBの商談日、25日(土)、26日(日)を一般公開日とし、ペットフード関連からペットショップ、動物病院関係といったペット産業関係者から、一般のペット愛好家まで、期間中は約4万5000名が来場する見込みとなっている。海外からの来場者も多い。
今回の出展者数は、初開催となった前回を上回る257社(昨年実績217社)。最先端のペットフードやファッションアイテム、ペット仕様の特別カー、ペットグッズ関連などが展開されている。
インテリア業界からはリックが初出展、「東リファブリックフロア」を中心にペット対応の床材、ペット臭の抑制する壁紙などペットのいるライフスタイルを提案し、成長性の高いペット業界を対象とした新しいビジネスモデル創造を目指す。また全国の得意先とパートナーシップを結び、連携して一般ユーザーのペットリフォーム需要の掘り起しも行う。
この他インテリア関連では、スツールと犬小屋を融合した無垢材を使用した家具など、インテリアグッズが多数提案されている。