2商品併設は中部地方初。モデルハウス「無印良品の家 岡崎店」オープン

写真拡大

「無印良品の家」のネットワーク事業を展開するムジ・ネットは、静岡県浜松市を中心に事業展開するインフィルプラスとネットワーク・パートナー(FC)契約を結び、9月1日に「無印良品の家 岡崎店」をオープンする。

インフィルプラスは「無印良品の家 浜松店(静岡県浜松市西区)」、「無印良品の家 浜松北店(静岡県浜松市浜北区)」の運営も行っている。

同店舗は、西三河地区の中心部にある、緑の多い住宅地に作られたモデルハウス。

「木の家」と「窓の家」の2商品を併設する。

「木の家」(間口5間×奥行き4間半・延べ床面積:98.53m2/29.80坪)は、自然の力を最大限に取り入れて賢く過ごす快適温度の家づくり「+AIR」でデザインしているという。

屋根の中心に通風窓、西側の大きな窓には、外部ブラインドを設置し、吹き抜けにはシーリングファン、給湯には太陽熱温水パネルを採用。

自然エネルギーを活かす工夫を加えて「永く使える、変えられる。

」をテーマにした快適な暮らしを提案している。

標準仕様で本体工事価格1,943万円。

「窓の家」(間口4間×奥行き4間・延べ床面積:96.46m2/16.02坪)は、新しい工夫として窓の上に小庇(こびさし)をつけている。

これにより、窓からの日射を遮り室温の上昇を抑えることができるという。

標準仕様で本体工事価格1,834万円。

なお、詳細は同店舗のホームページで確認することができる。