観光のアクセスナビからグルメ、癒しどころまで。大阪駅を徹底攻略!

写真拡大

地元民でも迷ってしまうことがあるという大阪駅。

観光客ならなおのことだ。

そこで、最近リニューアルしたばかりの関西一路線が行き交う大阪駅を、じっくりリポートしてみた。

おいしい駅弁からマストの超人気のお土産まで、これさえおさえておけば、あなたも大阪駅の達人になれるかも!?まずは出口を押さえておこう。

巨大なターミナル駅だからこそ、出口の数も膨大だ。

ここ大阪駅では全部で9個の出口がある。

この数こそ、迷子を生む要因とも言えるのだ。

そこで、まずはこの9個の出口の目的や近隣施設を知っておきたい。

■主要出口とその目的地中央口   ヒルトン大阪、大丸梅田店中央北口  ヨドバシカメラ、スカイビル、大阪駅JR高速バスターミナル中央南口  ホテルグランヴィア大阪御堂筋北口 阪急電車、地下鉄御堂筋線御堂筋口  阪急百貨店、ヘップファイブ、地下鉄谷町線御堂筋南口 大阪市バス桜橋口   大阪四季劇場、地下鉄四つ橋線南口    タクシーのりば連絡橋口  JR大阪三越伊勢丹、大阪ステーションシティ出口を知っておくメリットは、乗り換えや目的地に迷わずたどり着けるという点がある。

例えば、大阪名物イカ焼きが食べたいのであれば、目指すは阪急百貨店。

それなら御堂筋口、というようにあらかじめ目的と出口をリンクさせるようにしたい。

出口の数もさることながら、乗り場が多いことも迷子の大きな要因のひとつ。

その数だけで11個と、関西随一の数を誇る。

これも行き先と乗り場を、あらかじめリンクさせることで回避するようにしたい。

ただ、広い構内なのでそれでも迷ってしまうこともある。

頭上には大きな行き先表示板で乗り場案内もしているが、改札口にいるJRの駅員さんや駅構内にいる大阪ステーションシティ職員のスタッフに遠慮なく質問してみよう。

■番線と行き先1番乗り場      奈良、和歌山方面、USJ方面、関西空港方面2番乗り場      鶴橋方面3番乗り場      鳥取方面(スーパーはくと)、城崎温泉方面、三ノ宮・姫路方面4番乗り場      三ノ宮・姫路方面、篠山口方面5番乗り場      三ノ宮・姫路方面6番乗り場      宝塚・三田方面7・8・9・10番乗り場 新大阪・高槻・京都方面11番乗り場      北陸・東海方面特急、東京・新潟・札幌方面寝台特急例えば大阪駅の2番乗り場からJR大阪環状線外回りの「京橋・鶴橋方面」で約10分、大阪城公園駅で降車すれば、日本3大名城「大阪城」観光がかなう。

オシャレに関心の高い人には、御堂筋北口から地下鉄御堂筋線梅田駅に歩いて移動。

なかもず行きに乗って約5分で到着する、流行の発信地「心斎橋」がオススメだ! ナニワのシンボル・通天閣には昇っとかな! と思い立ったら、1番のりばからJR環状線・西九条・弁天町方面へ。

約20分で新今宮駅に到着するので、東口を出れば目に前には通天閣がある。

新幹線が止まるのは新大阪駅だが、何と言っても栄えているのは大阪駅。

その周辺にはデパートや大型家電店などが密集している。

場所的にも新大阪駅からわずか5分。

新幹線に乗り換えるまでまだ時間があるという時にもオススメの駅と言える。

例えば、「駅ナカ限定 食べて分かるこの味 堂々発売中!」というコンセプトで売り出し中のお弁当シリーズ「駅食堂」。

新幹線乗車前に、ふっと駅ナカで購入するのもいいだろう。

また、8月31日までの夏期限定オリジナル冷やし麺、「夏麺」も外せない。

「月見おくらなめこ蕎麦」(370円)や「蒸し鶏とバジルの冷製パスタ」(290円)など、暑さをふっ飛ばす涼しげな麺が数種類用意されている。

ガッツリ食べたいという人には、大人気テークアウト「親子丼」(430円)や「厚切りロースかつ丼」(450円)がおススメだ。