「チチカカ」旗艦店が初公開 エシカルブランドに無償でスペース提供へ

写真拡大

 「チチカカ」が8月24日、キャットストリートに関東初の旗艦店「チチカカ ETHIC 表参道」を出店する。オープンに先駆けて23日の今日、報道陣に店内を公開。ピンクやオレンジ、水色などカラフルな色使いが目立つイタリアの町並みをイメージし、感度の高い層に向けてブランドの世界観を表現。ブランド初の試みとなる新スペース「HAPPY TRADE PLAZA(ハッピートレードプラザ)」では、「エシカルファッション」を志す他ブランドのために無償で場所を提供する。 「チチカカ」旗艦店が初公開の画像を拡大

 「チチカカ ETHIC 表参道」は、「エシカルファッション」を通じて世界の文化を伝えるブランド「チチカカ」による国内2店舗目の旗艦店。2フロア構成の店内は「HAPPY TRADE HAPPY ETHNIC」をコンセプトに、1階でウィメンズ向けのアパレルやアクセサリー、2階でアパレルやキッチン・インテリアアイテムを発売。同店の限定アイテムとしてメキシコ中央高原の山間部に住むウイチョール族により手作りされた雑貨・アクセサリーも販売されるなど、「エシカル消費による社会貢献」を掲げたアイテムを数多くそろえる。 2階に登場する新スペース「HAPPY TRADE PLAZA」では、南米やアジアの生産者や素材となる織物などを紹介する他、オープン時にはグアテマラから直輸入したはた織り機や生産風景を伝えるパネル写真の展示、「チチカカ」が手がける「ハピトレコレクション」をラインナップ。「ハピトレコレクション」は売上げの5%が生産者に還元される仕組みで、これまで計算機や拡声器、トイレなど実際に現地の人々の生活に役立つものが生産地に贈られている。新たに10月1日からはオンラインを中心に展開しているロンドン発のエシカルファッションブランド「INHEELS(インヒールズ)」が、ポップアップストアを開く予定だ。 8月23日には記者発表会を開催し、株式会社チチカカ代表取締役の木南仁志氏が出席。今回のオープンについて、木南氏は「表参道の感度の高い若者や『エシカル』に理解が深い層に向けて改めて『チチカカ』の魅力をPRしていきたい」とコメント。1977年の創業以来続けてきた「エシカルファッション」にフィーチャーしたブランド展開を強調した。8月9日には海外初のショップを香港に出店しており好調だという。国内では91店舗(8月23日現在)を出店しているが2015年3月期までに150店舗、100億円の売上高まで伸ばす計画で、「既存店の昨対比を100割らないことを前提に、新規店舗数の拡大を狙う」と国内外での積極的なショップ出店に熱意を示した。■チチカカ ETHIC 表参道 住所:東京都渋谷区神宮前 4-25-12 MICO 神宮前 URL:http://www.titicaca.jp/