送ったスーツケースを海外の到着空港で受け取り--ANAとヤマトの新サービス

写真拡大

全日本空輸株式会社(ANA)とヤマト運輸は9月1日、成田・東京(羽田)・関西国際空港からANAを利用して海外へ渡航する利用者向けに「手ぶらサービス」を開始する。

同サービスでは、自宅や勤め先などからヤマト運輸の空港宅急便で発送した手荷物が、国内の出発空港ではなく、海外の到着空港の手荷物返却場(ターンテーブル)で引き取りができる。

これにより、海外の到着空港まで重い手荷物を持ち歩くことが不要となる。

成田・東京(羽田)・関西国際空港発のANA国際線利用者が対象。

ただし、米国航空当局の制限により、アメリカ路線(ホノルル含む)では利用できない。

ANAの航空券を予約・購入したのち、ANAのホームページを経由しヤマト運輸の専用ホームページから利用申し込みができる。

利用料金は空港宅急便の運賃+310円。

標準的なスーツケースで東京都内から成田空港出発便を利用した場合の料金は空港宅急便が1,990円、手ぶらサービスが310円で合計2,300円となる。

なお、手ぶらサービスを申し込みの上、ANAのインターネットチェックインを利用した場合、出発空港での諸手続きが完全に不要となり、空港到着後そのまま保安検査場に進むことができる。