池袋サンシャイン60通りに新商業ビル 都心最大級のユニクロ出店

写真拡大

 三井不動産株式会社が8月23日、池袋サンシャイン60通りに建設予定の商業ビル「(仮称)池袋Sプロジェクト」の着工を発表した。テナントには「ユニクロ」の東京都心最大級店舗が地上1〜6階に出店し、開業は2014年を予定。同計画地の隣地には、アメリカンカジュアルブランド「アメリカンイーグルアウトフィッターズ」の出店も予定されている。 池袋の中心部に新商業ビルの画像を拡大

 「(仮称)池袋Sプロジェクト」は、サンシャインシティをはじめアミューズメント施設や映画館などで賑わう通りの中心部に位置し、地下3階から地上6階の9フロアで構成。延床面積約6,980平方メートルの3分2を店舗が占める。テナントには「ユニクロ」のほか、飲食店舗を誘致。基本計画・基本設計は石本建築事務所が行い、実施設計・施工は鹿島建設が手掛ける。 三井不動産株式会社は同計画地の隣にも「アメリカンイーグルアウトフィッターズ」のほか複合型レジャー施設「ラウンドワン」の繁華街型店舗が出店する「(仮称)東池袋一丁目計画」の開業を2012年12月に予定しており、今後も引き続き池袋エリアにおいて積極的な事業展開を進めていくとしている。■(仮称)池袋Sプロジェクト 住所:東京都豊島区東池袋一丁目 21 番 4  敷地面積:約918平方メートル 構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)  店舗面積:約4,340平方メートル 交通:JR・東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線「池袋」駅徒歩4分