京都府宮津市でダンボール舟レース開催

写真拡大

第3回となる宮津ハッスルキャッスルダンボール舟レースが8月26日(日)に開催される。

時間は09:00〜15:00、雨天等の場合は9月2日(日)に順延の可能性がある。

レースはジュニアの部、一般の部、二人乗りの部に分かれ、100mのタイムトライアルで競われる。

主材料が水に弱いダンボールなので出場者はライフジャケットを着用し、レスキュー艇がスタンバイする中で実施される。

使用されるダンボール舟はすべてオリジナルで製作される。

材料はダンボールのほか、ガムテープ、接着剤、塗料のみで、動力はすべて人力という手作り感あふれるボートだ。

前回は宇宙戦艦ヤマトや軍艦を模した舟、飛行艇型の舟やスレンダーなスタイルの舟、漁船のようなデザインの舟も出場し、レースに彩りを加えた。

このイベントは宮津地域活性化プロジェクトの一環で、大手川下流域を活用して宮津市のにぎわいを創出する目的で実施される。

同日、宮津市役所横のふれあい広場では「ふれあい祭り」も開催される。

時間は10:00〜16:00まで。

「ふれあい祭り」では、宮津バーガーや、いわしずし、田原そば、親子丼、アイスクリーム等も販売され、宮津ならではのグルメも味わえる。

そのほか、フリーマーケット、ゲームや当てもので遊べる「子供屋台」、木工アクセサリーやおもちゃ、こいのぼりの製作を体験できる「工作広場」など、ダンボールレース以外にもイベント盛りだくさんだ。

宮津市は、日本三景の一つ、天橋立でも有名な場所だ。

天橋立は8世紀成立の「丹後の国風土記」に記述があり、平安時代には百人一首でもうたわれ、室町時代には水墨画で有名な雪舟も描いているほど。

さらに宮津市の由良は説経節、「山椒太夫」で有名な「安寿と厨子王の物語」の舞台としても知られている。