新潟県十日町市で「きものの街のキルト展」開催

写真拡大

新潟県十日町市で織物の町にちなんだ「きものの街のキルト展」が開催される。

「きものの街のキルト展」の開催日は9月15日(土)〜30日(日)まで。

時間は10:00〜17:00となる。

会場は、十日町市民体育館のほか、市街地の各商店街など街中に展示されるのが特色だ。

展示されるキルトは会期前に募集された作品。

応募者全員のキルトが展示される。

また、高田デザイン企画ルームの「美しい日本の四季 キルト展」と題した特設展示も催される。

ヴィクトリアンキルトで知られる園部美知子氏の講習会もあり、リボン刺しゅうのテクニックで作るヴィクトリアンのきんちゃく型ポーチ作りを体験できる。

日時は15日(土)14:00〜16:00、場所は十日町市民体育館だ。

定員は11名、講習料は材料費込みで6,000円。

十日町市の着物文化の歴史は古く、1,500年以上前の遺跡から織物の痕跡がついた土器が出土している。

中世から江戸時代にかけて「越後布」と呼ばれる麻織物産業で栄え、その後絹織物に転換した。

現在、十日町明石ちぢみ、十日町がすりは伝統工芸品に指定されており、十日町市の織物を代表するブランドとなっている。

十日町市は、歴史の教科書などでおなじみの「火炎型土器」で有名な笹山遺跡があることでも知られる。

笹山遺跡は縄文時代中期・後期(約5,300年〜4,500年前)の遺跡で、十日町市指定史跡だ。

1999年に「火炎型土器」、「王冠型土器」などがほぼ完全な姿で出土し、その原始的造形の美しさから、新潟県初の国宝に指定された。