(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●馬超、劉備軍と戦う!
劉備軍に敗戦を繰り返し、もはや風前の灯の劉璋軍。そこで劉璋は曹操に援軍を要請するも断られてしまい、やむなく張魯へ援軍を要請することになります。

張魯は食客として預かっていた馬超を劉璋軍の援軍として送り、馬超軍と劉備軍の戦いとなってしまいます。
●馬超、張飛と一騎打ちをする!
劉備軍と戦う事になった馬超はかなりの豪の者。そこで一気に決着を付けるべく、馬超と張飛は一騎打ちをすることになります。その一騎打ちは一昼夜を過ぎても結着が付かず、翌日の朝に持ち越されます。

※ちなみにそのとき、荊州の関羽と美芳から張飛の子供(女子)が生まれたという内容の手紙が届きます。そこで張飛は照れ隠しに劉備と酒宴をします。
●孔明、馬超を帰順させる!
翌朝、張飛は馬超との一騎打ちの続きをしようとしたところ孔明がやってきます。ここで孔明の策略で張魯配下の楊白に賄賂を贈り撤退を促します。ところが馬超は撤退が腑に落ちない様子。そこにやってきた孔明は馬超を帰順させようとします。

※馬超の父、馬騰と劉備はかつての盟友。馬超に対してその道理を孔明は説いたのです。

馬超は孔明の説得に従い、楊白を斬り捨て劉備軍に帰順したのです。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第47話「龐統の仇を討て!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第46話「落鳳坡に死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第45話「凶星西の空に輝く」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第44話「三つの日輪」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第43話「引き裂かれた愛」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト