『glee』シーズン4の幕開けまであと1か月を切った今、早くも劇中のものらしき写真が公開されている。

一連の写真は、ドラマのクリエーター、ライアン・マーフィーが自身のツイッターで紹介しているもの。

まずはブレイン役のダレン・クリスが、ハロウィーン特集らしきエピソードでバットマンの相棒ロビンのコスチュームに身を包んだ姿(写真上)。彼はこの衣装で一体、何を歌うのだろうか...。

続いて、カート役のクリス・コルファーと<Vogue.com>の編集長イザベルを演じるサラ・ジェシカ・パーカーのツーショット写真。マッキンリー高校を卒業後ニューヨークに飛んだカートは、<Vogue.com>のインターンとして働くことになるようだ。ドラマの共同クリエーター、イアン・ブレナンは<Access Hollywood>とのインタビューで、「サラ・ジェシカは皆が予想するようなキャラ(=『SATC』のキャリー・ブラッドショーの進化版)ではなく、まったくの新しいものになるね。かなりくたびれた感じでエキセントリック、それにとても愉快なキャラだよ」と話している。


『glee』新シーズンは9月13日(木)に全米放映される予定。<TVLine>によると、リー・ミシェルと新キャストのメリッサ・ブノワがビリー・ジョエルの「New York State of Mind」やこの夏のアンセムとなったカーリー・レイ・ジェプセンの「Call Me Maybe」のカバーを披露するなんていう情報も出ている(ダレン・クリスやヘザー・モリス、ジェナ・アウシュコウィッツも!)。

ケイト・ハドソンに(劇中で)"口"撃されるリー・ミシェル

おなじみのキャストが帰ってくる! 『glee』シーズン4