材料株の東光を買うか、守り銘柄の沢井製薬か
今さら聞けないマネーの疑問、基本の“キ”から「深イイ〜」レベルまで教えます。

【攻めシナリオ】

8月の日経平均の下値メドは今6月4日の安値8238円、上値メドは5月2日の安値9344円。欧州債務不安は後退したが、米国や中国などの景況感が悪化している。このため世界景気敏感株である日本株の上値は重そう。同時に、欧米中央銀行の金融緩和も長期化しそうで、金利差拡大による円安も期待できない。

過度の悲観からは脱したが、多くの投資家がリスクオンに転換するとは考えにくい。そんな中で狙えるのは材料株。スマホ関連の小型材料株として東光に注目する。6月4日の安値177円で底入れし、本格的な反発に期待。

藤井英敏の日経平均予想レンジ 8238〜9344円
[8月の勝負株]東光(東1・6801)



藤井英敏(HIDETOSHI FUJII)
カブ知恵代表

日興証券、金融情報提供会社などを経て、独立。歯に衣着せぬ物言いが個人投資家に大人気!

【守りシナリオ】

欧州危機が後退したことで、日本株はリバウンド相場に突入。しかし、欧州は「支援されるべき国まで支援する」という危うい構図となっており、一筋縄では解決できない。あらためて売られる可能性は高い。そして国内では消費税増税法案が可決。国内中小企業への悪影響は避けられず、将来的な景気の下ブレ要因となりそうだ。日経平均は8200〜9300円で動くだろう。

そんな状況下、消去法で買えるのは成長期待のある内需ディフェンシブ株。沢井製薬はジェネリック(後発)医薬品の大手で、政府も後発薬シェア拡大を後押ししている。

黒岩泰の日経平均予想レンジ 8200〜9300円
[8月の勝負株]沢井製薬(東1・4555)



黒岩泰(YASUSHI KUROIWA)
黒岩アセットマネジメント代表

「窓・壁・軸」理論で有名なテクニカルアナリスト。ブレない視線での相場解説が人気



[来月の戦利品]8月権利確定の株主優待
8月は飲食&買い物の優待が節約に貢献。吉野家HSの優待券が京樽でも使えます!

1位は吉野家HDです。優待券が「京樽」 グループ(一部店舗を除く)での利用も可能となりました(前期末優待分から)。持ち帰りずしや回転ずしもOKで、カロリーの気になる方も安心です♪ 8月は飲食券と買い物割引の優待が多く、上手に使えばかなりの節約ができます。ベスト10以外にも、エコス、ミニストップ、サイゼリヤ、リンガーハットなど、お手ごろの資金で購入できる銘柄がたくさんありますよ♪


かすみちゃん
優待ブロガー


株主優待全般に詳しいスペシャリスト。食品や外食の優待は特に強い。


―--
この記事は「WEBネットマネー2012年9月号」に掲載されたものです。