女子ウケするコーヒー&男子ウケするコーヒー、スターバックスが教えます!

写真拡大

「モテ度アップするコーヒー、教えてください」。

そんな無理なお願いをスターバックスにしてみたわけだが、なぜそんな無茶振りをしたかというと……。

最近では「家飲み」「おうちごはん」「おうちデート」なんて言葉をよく聞く。

つまりは自宅に人を招く機会が増えているということで、そんなシーンでこの時期キリッと冷えたアイスコーヒーが「これ、自分でいれたんだよ」なんて言葉と共にサッと出てきたら、女子なら「キャッ♪おいしぃ〜!! 」と感激しつつ、内心「こういう人なら結婚しても家事とか手伝ってくれそっ」。

男子なら「自分で!? すごいね!」とベタ褒めしつつ、きっと「結婚するならこういう家庭的な子がいいんだよな〜」と見る目が変わるはず。

ということで、スターバックス コーヒー ジャパンのコーヒースペシャリスト・江嵜讓二さんに考えていただいたアイスコーヒーを皆さんにお教えしようではないか。

しかも、単なるアイスコーヒーじゃない。

とびきりのスペシャルレシピである。

アイスコーヒーのいれ方については前回の記事を参考にしてね!こちらはアイスコーヒーにスライスしたライムをプラス。

ミントもトッピングして、スーッとした清涼感あるアイスコーヒーとなっている。

アイスコーヒーに少量のガムシロップを入れてステアし、ライムとミントをオン。

ライムが持つちょっぴりビターな風味で”大人のアイスコーヒー”といった味わいだ。

カクテル風の仕上がりなので、夜にまったりいただくのもヨシ。

次はマンゴーたっぷりタイプ。

先ほどと同じくガムシロップを入れてステアしたアイスコーヒーに、カットしたマンゴーをプラス。

マンゴーを食べつつ、コーヒーを飲みつつ。

マンゴーのトロピカルな甘みと控えめな酸味がアイスコーヒーにベストマッチである。

デザート風なので、女子ウケ間違いなしっ!しかし、「コーヒーとフルーツって合うの??」という疑いの目でこの記事を見ている人も多いことだろう。

「今回使っているコーヒー豆は、スターバックスのアイスコーヒー専用ブレンド『スターバックス(R) アイスコーヒー ブレンド』。

フルーツの酸味との共通項ともいえる、柑橘系の風味を持っている豆なので、もともと相性がいいですね。

また、ガムシロップの甘みがフルーツとコーヒーの橋渡し役となり、ベストなペアリングに仕上がります」(江嵜さん)。

なるほど、どんなコーヒー豆でも合うというわけではないのだ。

ちなみに。

コーヒーをいれている男の人の姿って、女子的にちょっぴりキュンッとする。

こだわり感がにじみ出てくるその姿に頼もしさを感じたり、集中している横顔に母性本能をくすぐられたり。

男性諸君、女子はそんなところも見ているのですぞ、ということも頭の片隅に入れておきつつ、このスペシャルなアイスコーヒーをいれてみてほしい。