ミュージアムの壁にある隙間、ここに空DVDを入れると作品が焼き付けられる仕掛け

写真拡大


なんとユニークな仕掛けでしょうか。

ベルリン生まれのアーティストアラム・バルトール(Aram Bartholl)氏が、ニューヨークはMuseum of Moving Imageで行っている展覧会には、知る人ぞ知る変わった仕掛けがしてあります。

博物館の壁に空いているこの隙間。ここに空のDVDを入れると今回の展覧会「DVD Dwad Drop」の作品が焼かれてでてくる、というもの。なんという隠しアイテム。もちろんディバイスは壁にきっちり隠してあるので、パっと見はただの隙間にしか見えません。

しかもバルトール氏が、このような試みをするのはこれが初めてではありません。過去にもニューヨークの街の壁にUSBアウトプットのあるディバイスを埋め込み、ここにUSBを差し込むと作品がダウンロードできるというのを行っていました。デジタルアーティストらしいユニークな試みですね。


[MOMI via PSFK]

そうこ(Molly Oswaks 米版