リクルートが同社の求人メディアに掲載された求人情報からまとめた、7月のアルバイト・パート全国エリア別募集時平均時給の調査によると、三大都市圏(首都圏・関西・東海)の平均時給は944円(前月950円、前年同月946円)で、2カ月連続で減少した。

職種別に見ると、フード系908円(前月916円、前年同月900円)、事務系937円(前月937円、前年同月929円)、製造・物流・清掃系932円(前月933円、前年同月927円)、販売・サービス系937円(前月939円、前年同月935円)が増加。

専門職系1062円(前月1066円、前年同月1094円)は減少が続いており、営業系1020円(前月1039円、前年同月1032円)は2カ月ぶりの減少となった。

地域別に見ると、首都圏986円(前月993円、前年同月992円)は7カ月連続の減少、関西899円(前月898円、前年同月898円)は3カ月ぶりの増加、東海891円(前月889円、前年同月893円)は2カ月連続の減少となった。

アルバイトが辞める理由「雰囲気悪い」
大学生のアルバイト いろんな仕事経験したい
就活生の4割 6月までに就活終了

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。