世界各国のマクドナルドにはご当地バーガーがあった!

写真拡大

世界中でおなじみのマクドナルドも、国によってさまざまな顔がある。

国によっては、その土地でしか食べることのできないご当地バーガーも存在するという。

それらのご当地バーガーのメニューをいくつかを紹介しよう。

アラブ圏で販売され、大人気メニューとなっているのが「マックアラビア」だ。

ライ麦を使用した独特のバンズで、チキンパティ、レタス、トマト、オニオンをサンド。

ガーリックマヨネーズソースで味付けしている。

韓国で長年愛されているのは、韓国料理「プルコギ」をもとにした「プルコギバーガー」と、ジューシーなチキンをスパイシーに味付けしたバーガー「シャンハイスパイスチキン」。

いずれも韓国で好まれる味付けに仕上げた商品という。

ブラジルで人気なのは、「チェダーマックメルト」。

ビーフパティ、チェダーチーズ、オニオンに醤油ソースで味付けしてサンドしたサンドイッチだ。

遠く離れたブラジルで、醤油ソースが使われているとは驚きだ。

メキシコには、「トルティーヤ」に食材をのせて包んだ「マックブリトー」がある。

スクランブルエッグ、玉ネギ、トマト、ハラペーニョを特製のメキシカンソースで味付けしたメキシコらしいメニューだ。

各国の伝統料理や味の好みがバーガーメニューにもあらわれているようだ。

海外旅行に出掛けた際は、マクドナルドに入ってご当地メニューを探してみてはいかがだろうか。