「中央卸売市場」がある市は多いが、その中に入れるのはその道のプロばかりだという印象が強いのではないだろうか。

だが実は、市場に持ち込まれたばかりの新鮮な食材を使った一般客向けの小売店をはじめ、市場から仕入れたばかりの魚や寿司などを提供している店があるところも少なくない。

岡山市の市街地から車で20分ほど南に走った岡山港に面して立つ、岡山市中央卸売市場もそのひとつだ。

この市場ではせりなども自由に見学できるだけでなく、ここで働いている人はもちろんのこと、一般客にも小売りしてくれる店が軒を連ねた「関連棟」が設けられていることで知られる。

市場の入り口を入ってすぐ右手にある、昔懐かしい商店街を思わせるアーケードが架かった通りには、「ふくふく通り」という看板が掲げられている。

ここが一般の人でも自由に入ることができるエリアである。

東西約250メートルに渡るこの通りを中心に、新鮮な魚をはじめ、野菜や果物、パン、スイーツなどの食料を販売する店から雑貨を扱う店まで、実に個性豊かな64店舗が並んでいる。

通りを歩いてみたところ、いかにも市場関係者らしい、防水エプロンと作業着をまとった男性に遭遇。

おお、ラッキー! 早速声を掛けて、魚のおいしい店を尋ねたところ、2つの店を紹介された。

一つ目はその男性も昼ご飯を食べるのによく利用するという「食堂 備前」。

町の大衆食堂を思わせる外観通り、入店すると日替わり定食や丼ものなどがズラリと並んでいた。

また、一品料理も各種用意されている。

この店は今年で創業35年を迎えるそうで、昭和のドラマにも出てきそうな、味わいある(愛すべき!)お座敷席や壁にかかった小物にまで、“老舗の食堂”と呼ぶにふさわしい風格が漂っている。

そしてメニューは和食から洋食までバラエティー豊かなラインアップで、どれにしようか迷ってしまう。

そこで店の人におすすめを聞いたところ、卸売市場にある店ならではの新鮮な魚介類を使った定食や丼ものが挙げてくれた。

注文カウンターの横には定食や丼の見本写真などが置かれているので、そちらも参考になる。

550円の日替わり定食なども気になりつつ、マグロをはじめ、サーモンやナカオチ、エビ、イクラ、アナゴ、ウニなどの魚介類がこれでもか! というほど盛られた「海鮮丼」(1,000円)を選んだところ、これが大正解。

いやはや、もう、ネタの鮮度が違う! 違いすぎる! 新鮮なネタばかりなので、スーパーなどで売られている生ものは苦手という人でも、ぜひ食べてみてほしい。

ぷりぷりのエビ、口の中でぷちぷちはじけるイクラ…どの素材ひとつとっても「海鮮ってこんなにおいしかったっけ?」と驚かされること請け合い! 丼に盛られた酢飯との相性も抜群だ。

みそ汁と半熟玉子、お漬物もセットで付いているのもうれしい。

ダシがよくとれたみそ汁が丼のおいしさを一層引き立て、アッという間にたいらげてしまった。

次にお邪魔したのが「味の匠 大名庵」。

市場の入り口からみて一番奥に位置する寿司屋である。

寿司にも海鮮丼にも市場直送のネタを使っているので新鮮なのは当然だが、それに加えて値段が格安ということがポイント。

市場で働く人はもちろん、県外からわざわざこの店目当てに足を運ぶ人も多いという。

店内での飲食のみならず、持ち帰り寿司や仕出し、弁当などの用意もある。

ご主人の野崎愛次に話を伺ったところ、「うちはスシローなどに鮮魚を卸しているのですが、そのノウハウを生かしたいと思って3年前に店をオープンさせました」とのこと。

寿司はもちろん、海の幸がふんだんに盛られた「海鮮丼」(1,480円)や「ミックス丼」(900円)なども評判だ。