無理・無駄・ムラなくカロリーコントロールでダイエット (2) 体重と体脂肪率の関係。カロリーコントロールに合わせて使いたいアイテム

写真拡大

タニタ開発部開発企画課の西澤です。

ダイエットと聞くと、体重を減らすことに重点を置く方も多いのではないでしょうか。

もちろん、ウエートコントロールも重要なことですが、健康的にムラなくシェイプアップするには、体脂肪率や筋肉量にも注目していただきたいところです。

今回は、体重以外にも、内臓脂肪や基礎代謝なども計測できる体組成計についてお話したいと思います。

体組成計とは、一台で体重、脂肪や筋肉量、骨などの体組成から基礎代謝量や内臓脂肪レベルなどの健康指標まで、細かく計測できる機器のことです。

体重と体の電気抵抗をはかることで、様々な体組成を推定しています。

なぜ体重以外の数値も計測する必要があるのかというと、体重が重い=肥満というわけではないからです。

肥満度を表す体格指数であるBMIは、身長からみた体重の割合を示すものであり、脂肪も筋肉も同じ体重としてカウントします。

ですが、筋肉は脂肪よりも比重が重いので、筋肉質の方は見た目よりも体重が重くなるのです。

例えば、オリンピックでも活躍している体操選手などは、体脂肪率が1桁という人も少なくありません。

しかし、脂肪よりも比重が重い筋肉によって体重が重くなり、結果、BMIでは肥満に分類されてしまうのです。

逆に体重が軽くても、体脂肪率の高い「隠れ肥満」の人もいます。

比重の重い筋肉が少なく比重の軽い脂肪が多いので、体重は重くないのですが、「体脂肪の割合(=体脂肪率)」が高い状態なのです。

また、体重は減ってきたのにぽっこりお腹が解消されない人は、水分など脂肪以外の成分が一時的に減っただけという可能性があります。

つまり、体重だけでは判断できない変化を確認するためにも、体組成計を活用して体脂肪率や内臓脂肪レベルをチェックすることをオススメします。

この数値を毎日確認すれば、減らしたいもの(脂肪)と維持したいもの(筋肉、骨など)の数値が明確になります。

体組成計で正しく計測するためには、以下の点を意識しましょう。

・できるだけ毎日計測する ・できるだけ計測する時間、タイミングを合わせる ・食事前の空腹時に、できるだけ薄着になって計測する ・計測前にはトイレへ行く健康維持のために大事なことは、できるだけ毎日継続して計測することです。

ダイエットの進捗具合を把握するのみならず、体の変化に気付くことができます。

例えば、体水分率が急激にダウンしている時には、無理なダイエットをしていないか、激しい運動で脱水気味になっていないか振り返ってみましょう。

反対に、アップした時には塩分を摂り過ぎているかもしれません。

また、体の変化を正確にとらえるために、計測するタイミングをなるべく合わせることも大事です。

体の中は常に変化しています。

特に体水分の変化は大きく、普通の体格の人でも水分だけで2kg以上もの変化があると言われています。

帰宅時間がバラバラだったり、夕食を外で済ませることが多かったりする方は朝に、定時で仕事が終わる方は帰宅後、空腹のまま着替える時に計測するといいでしょう。

計測前に衣服を脱いでトイレに行くというのは、できるだけ正確な数値をはかるためです。

体組成計は体へ微弱な電流を流し、その抵抗値を計測して体脂肪率や筋肉量などの体組成を推定しています。

そのため、電流を通さない洋服や電気抵抗を変化させない胃腸の中身の重さは脂肪として認識します。

意識してこまめに体組成の計測を続けていくと、体重以外の数値も変化していきます。

これをチェックすることで、食生活や運動量を効率よくコントロールできますよ。

無理なく簡単にカロリーコントロールを行う際には、家で使用する「体組成計」と、胸元に着けて使用する「活動量計」を併用することをオススメします。