北海道に次いで面積が広い岩手県には、観光客があまり知らないB級グルメが数多く隠れているのをご存じだろうか? 「北上コロッケ」「遠野ジンギスカン」などは全国的にも有名だが、今回はメディアでもあまり紹介されていない隠れたB級グルメについて、盛岡エリアのタクシー運転手に緊急取材。

ラーメン好きなら一度は訪れたいラーメン店、ボリューム満点の老舗食堂、そして昔ながらのコッペパン屋などなど。

地元を知り尽くしたドライバーが薦めるメニューの中でも、特に人気の高かった究極グルメをこっそりご紹介しよう。

まずは食堂編。

一つ目は盛岡市本宮、ちょうど盛岡市アイスアリーナの斜め向かいに位置する「とんかつ熊さん」。

店名の通りメーンはとんかつなのだが、ここの目玉は驚く程のボリュームを誇る「カツカレー」だ。

とんかつ屋のカツカレーと聞けば、専門店ならではの豚肉の厚みや衣のサクサク感が想像され、口の中には涎(よだれ)がたまる。

では驚く程というボリュームとはどういうことだろうか? これは実際にこの目で見なければと早速店舗へ向かうことにする。

いかにも大衆食堂といった広い店内には、定番の「とんかつ定食」や「カニクリームコロッケ定食」を求めて訪れた地元の方がぎっしり。

人気ナンバー2の「カツカレー」(1,000円)をオーダーし、待つこと約10分。

出てきた皿の大きさにまず驚いた。

幅30cmはあろうかという横長の皿に、茶わん4杯分程のご飯がこんもりと盛られ、カレーは皿からあふれんばかりにかけられている。

ランチ気分で食べるというよりも、フードファイターのつもりで食べるのが礼儀といったボリュームだ。

確かにお得感満載なのだが、問題なのは味のほう。

いくら超大盛りでも、おいしくなければ意味がない。

せっかくのメニューが冷めてしまうので、まずは一口食べてみた。

カレー自体は割と甘めで食べやすい。

これなら辛いものが苦手な人や子どもでも無理なく食べられる。

しかし、特筆すべきはマイルドな辛さではない。

ルーとの相性バッチリな特大のカツなのだ。

サクサクな衣に肉汁が滴りそうな厚いロースが包まれており、その柔らかさもバツグンなのだ。

昼時に1,000円という値段を考えるとやや高く感じるかもしれないが、このおいしさでこの量ならば迷わず選びたいメニューだろう。

またお店の方に伺ったところ、「とんかつ熊さん」近くには県立美術館等の施設もあり、このエリアだけでも十分観光が楽しめるそうだ。

●information店名:とんかつ熊さん 住所:岩手県盛岡市字松幅25-8 営業時間:11:00〜22:00定休日:1月1日〜3日 ついで彼らオススメのもうひとつの食堂は、上盛岡駅近くにある「かまだ食堂」だ。

多くのドライバーが行きつけの店として選ぶ隠れた名店で、昼時には店舗近くに何台ものタクシーが止まっているとか。

とりわけタクシー運転手の人気を集める理由は、注文から料理が出るまでの時間が短く、昔ながらの食堂メニューが豊富なこと。

気になるオススメは? と聞くと、「焼肉定食ですね」とまずはボリューム感のあるメニュー名が出た。

ということは焼肉がおいしくて評判なのか、と思い調査を続行。

ところがドライバーたちの意見は、この店を選びこそすれど、おのおののオススメは十人十色なのだ。

ラーメン、かけそば、いなりうどんなど、同じ意見を持つものこそいても、何が一番おいしいのかということに関しては意見が割れる。

ただ、どのドライバーからも、安い・早い・うまい、の共通意見が出たことは確か。

気になるメニューのラインアップだが、450円から食べられるというのはとてもリーズナブルと言えそうだ。