知多半島と渥美半島に挟まれ、三河湾に面した愛知県西尾市一色町の諏訪神社で8月26日・27日、「三河一色大提灯まつり(みかわいっしきおおぢょうちんまつり)」が開催される。

「三河一色大提灯まつり」は、約450年もの長い歴史を持つ由緒ある祭りだ。

会場となる諏訪神社は、愛知県指定民俗資料(有形民俗)文化財である。

永禄(えいろく)年間(1558〜69年)に、長野県の諏訪大社から御分霊を勧請(かんじょう)し、一色の諏訪大明神として祭ったことが起源と伝えられている。

当時、毎年夏から秋にかけて海魔(かいま)が現れ、田畑を荒らし、人畜に危害を加えていた。

そこで村人たちは神前に魔鎮(ましずめ)の剣を供え、大篝火(かがりび)をたき、海魔退散の祈祷大祭を行い、それ以降被害がなくなった。

これが大提灯まつりの起源だ。

この神事は100年ほど続いたが、江戸時代初期の寛文年間(1661〜72年)に、篝火をたくことが不便だということで、提灯を献灯するようになった。

当初は普通の提灯を立てていたが、やがて各組がその大きさを競うようになった。

現在「三河一色大提灯まつり」で使われる大提灯は、一番大きいもので長さ約10メートル、直径5、6メートル、ローソクの長さは1.2メートル、重さ80キログラムにも及ぶビッグサイズだ。

ひとつ一つの大提灯には神話や歴史の場面が描かれている。

こうした大提灯6組12張りが諏訪神社境内に掲げられる。

26日、8時から各組の提灯が順次つり上げられていくことから祭りは始まる。

そして、19時、いよいよ祭りのクライマックスである献灯祭だ。

拝殿にて神火を頂き、大提灯に火をともす。

大提灯に灯がともった後の神社の境内は、淡いオレンジ色に包まれ、幻想的な雰囲気となる。

夜通し献灯され、翌日午後5時のあげ神楽終了後に降納され、2日間の神事は終わる。

なお、26日には神楽や太鼓の奉納、27日には相撲や弓道の奉納などの神賑行事もある。

会場までの行き方は、車の場合、知多半島道路半田ICを降りて約30分、衣浦海底(きぬうらかいてい)トンネルを利用し、国道247号を一色方面へ行くと諏訪神社がある。

当日は、周辺道路に交通規制がかかるため、案内表示に従い、臨時駐車場に駐車を。

電車の場合は、名鉄名古屋駅より吉良吉田行き急行で西尾駅まで約50分、西尾駅バス停から名鉄東部交通バスに乗車し、三河一色のバス停からすぐ。