2010年4月から放送が始まり、昨年9月から半年間の休止を経て、2012年4月よりふたたび放送開始となった戦国バラエティ『戦国鍋TV』。

その名物コーナーである「ミュージック・トゥナイト」に新たなるユニットが登場した。

放送再開後に登場した「AKR四十七」「幕×JAPAN」に続く新ユニットは「天草四郎と島原DE乱れ隊」。

長崎県島原市出身の3人組アイドルユニットで、16歳ながら圧倒的なオーラとカリスマ性をもつ天草四郎とその他2人がメンバーとなる。

天草四郎を演じるのは「SHICHIHON槍」「天正遣欧少年使節」「兵衛'z」以降、久々の登場となる相葉裕樹。

島原DE乱れ隊の1人、少し卑屈な大矢野松右衛門を演じるのは各コーナーで御馴染みの村井良大、天然キャラの森宗意軒は、今回が番組初登場となる加藤真央が演じる。

息の合わないトークと、息のあった歌とキレのいいダンスは要注目だ。

――「シマバラン伝説」のダンスは今までの数あるユニットの中でも非常に難易度の高いものですが、苦労した点は?相葉「曲のテンポが速いので、ちょっとでもダンスが遅れるとすごく目立つのでとても苦労はしましたが、それだけに見応えのある楽しんでもらえるものになったと思います」村井「今までで一番リズムが速く、ロックな感じのする振付で難しいなと感じました。

ひとつ間違えると置いていかれるので気合をいれて練習をしました。

でも全員で集まって練習したのは3回だけなんですよ」加藤「ダンスは元々好きなので楽しかったのですが、硬い体を柔軟にするためにストレッチもたくさんして、ひとつひとつの動きが決まるように努めました。

あとはアクロバットが苦手なので、そこは特に練習しました」――それぞれのキャラクターは?相葉「四郎のカリスマ(?)ぶりと脱線ぶりは楽しんでもらえると思います。

あとは3人のまとまっているようでまとまっていないトークも見所です」村井「大矢野のキャラクターは卑屈なかんじに作ってみました。

四郎のことは実はあまり良く思っていなくて、裏で怖い顔をしているような今までにはないタイプだったので、自分自身もおもしろかったし、楽しんでももらえるのではないかとおもいます」加藤「森は大矢野とは真逆のニコニコ笑っているだけのキャラクターに作ってみました。

何も考えていない風の天然ぶりにも注目してください」「ミュージック・トゥナイト」2組目の女性アイドルユニットは「時代劇少女 奥カラ」。

プロデューサーの春日局が大奥の中から選りすぐった女中と側室で結成されたボーカル&ダンスユニットで、演じるのは「アップアップガールズ(仮)」のメンバー7人となっており、番組初の実在のグループとのコラボレーションが実現している。

「時代劇少女 奥カラ」は、お楽の方を仙石みなみ、お万の方を佐藤綾乃、桂昌院を森咲樹、お伝の方を関根梓、月光院を新井愛瞳、お美代の方を古川小夏、絵島を佐保明梨がそれぞれ担当。

大好きな将軍(ミスター)への気持ちを歌った「ミスターのお手つきJumpin’」でデビューし、新コーナー「もうすぐ マンスリーピックアップ」コーナーにVTR出演!なお、「シマバラン伝説」および「ミスターのお手つきJumpin'」は、tvk、テレ玉、サンテレビの各mobileサイトにて8月20日(月)より着うたが無料配信されるので、こちらもチェックしておきたい。

戦国バラエティ『戦国鍋TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜』は 全国20局で放送中。

tvkでは毎週土曜日の22時30分〜、テレ玉では毎週月曜日の23時30分〜、チバテレでは毎週土曜日の22時30分〜、サンテレビでは毎週土曜日の24時00分〜の放送となっている。