ビザ・ワールドワイドは8月16日、ロンドン、ソウル、東京在住の20代〜30代の女性、各都市300名ずつ計900名を対象に行った「支払方法に関する実態調査」の結果を発表した。

調査は7月27日〜29日にインターネットで実施された。

「レストランやカフェ、日用品のお買いもの(1000から5000円程度)での支払い方法は?」と質問したところ、現金の利用率は、東京の女性68.0%、ロンドンの女性35.0%、ソウルの女性4.3%となり、デビットカードの利用率は、東京が0.3%、ロンドンでは55.0%、ソウルでは46.3%となった。

ロンドン、ソウルのデビットカードユーザーに「なぜ、その決済方法を選んでいますか?」と質問したところ、理由として「支払いが早いから(ロンドン50.9%、ソウル18.7%)」、「お金の管理がしやすいから(ロンドン24.2%、ソウル37.4%)」が多くあげられている。

また、「普段使っている、お財布の形状は?」と質問したところ、東京の女性では「長財布(57.3%)」が主流であるのに対し、ロンドンの女性やソウルの女性では「二つ折り財布(ロンドン16.7%、ソウル48.0%)」や「三つ折り財布(ロンドン32.0%、ソウル17.0%)」を持つ人が多く、小型の財布が主流となっていることが調査結果からうかがえた。