ドクターシーラボは8月16日、夏の化粧崩れに関するアンケート調査の結果を発表した。

調査は8月10日〜13日、同社WEB会員213名を対象に行われた。

「夏の肌の悩みを教えてください」と質問したところ、1位は「毛穴(黒ずみ、ひらき)」で51%、2位は「化粧が崩れやすい」で42%という結果になった。

「毛穴のひらき」をはじめ、3位「テカる」や4位「乾燥」など、夏の肌は化粧崩れの原因となる悩みが多いことが分かる。

また、「メイク直後の顔を”100点満点”とした場合、メイクが崩れた時の顔は何点ですか?」と質問したところ、平均48.3点となり、化粧が崩れた自分の顔を厳しく評価する人が多かった。

「メイクがもつ時間はどれくらいですか?」と質問したところ、「4時間以下」が22%、「3時間以下」が21%、「6時間以下」が17%となり、平均4.0時間だった。

朝化粧をすると、昼前ごろに化粧崩れを実感する女性が多いことがうかがえる。

一方、「メイクは何時間もってくれたらうれしいですか?」という質問では、「8時間以上」が42%、「6時間以上」が27%、「10時間以上」が17%で、平均7.3時間という結果となった。