世界的な人気を誇る日本のアニメとマンガ。

先日は”コミケ”と呼ばれるイベント「コミックマーケット」が開催され話題となったが、日本全国に多くのミュージアムも存在していることはご存じだろうか。

ということで、マイナビニュース会員の男女936名に、行ってみたいアニメ・マンガミュージアムについて聞いてみた。

Q.行ってみたいアニメ・マンガミュージアムを教えて下さい(複数回答)1位 三鷹の森ジブリ美術館(東京) 40.2%2位 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川) 12.2%3位 ガンダムフロント東京(東京) 7.3%4位 横浜アンパンマンこどもミュージアム(神奈川) 3.2%5位 水木しげる記念館(鳥取) 2.9%■三鷹の森ジブリ美術館・「ラピュタのロボと写真を撮りたい」(28歳男性/食品・飲料/その他)・「定期的にそこでしか見られない短編アニメが上映されているから」(27歳男性/その他/その他)・「ジブリの世界が好きな事と、なかなかチケットがとりにくいという友人の話を聞いてから、ますます行きたくなりました」(23歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)■藤子・F・不二雄ミュージアム・「ドラえもんが好きだから」(23歳男性/団体・公益法人・官公庁/その他)・「この人の作品は、ドラえもん以外にも素晴らしいものが沢山あると思うので、一度は行ってみたいと思います」(30歳女性/その他/その他)・「きれいなジャイアンが鎮座しているらしいので」(40歳男性/医療・福祉/専門職)■ガンダムフロント東京・「旦那がガンダムを好きなので、一緒にいってあげたい」(36歳女性/その他/その他)・「等身大ガンダムがみたいから」(36歳男性/人材派遣・人材紹介/技術職)・「ガンダムファンとしては行かないといけない」(29歳男性/商社・卸/その他)■横浜アンパンマンこどもミュージアム・「子どもがアンパンマン好きだから」(34歳女性/ソフトウェア/技術職)・「グッズがかわいい、パンを買いたい」(30歳女性/建設・土木/技術職)・「アンパンマンは多くの人の正義の味方だから」(25歳女性/電機/技術職)■水木しげる記念館・「水木しげるさんも鬼太郎も好きなので」(30歳女性/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)・「友達が行って楽しかったと言っていたから」(25歳女性/その他/その他)・「ゲゲゲの女房が好きだったから」(22歳女性/学生/その他)■番外編: 知らなかった人が多いかも?・「ちびまる子ちゃんランド(静岡): あるの知らなかったです! 是非行ってみたい! 」(25歳女性/学校・教育関連/その他)■総評1位は「三鷹の森ジブリ美術館」。

ジブリファンの圧倒的な支持を獲得して「ネコバスに座りたい」「アニメの世界に入り込んだ気分になる」「以前行ったけど全然見たりなかったので」など、たくさんの意見が寄せられた。

続いて2位は「藤子・F・不二雄ミュージアム」。

こちらはドラえもんが好きだからという回答が圧倒的に多かった。

ちなみに両ミュージアムはチケットは日時指定の予約制となっているので、行きたいと思った方は事前に確認しよう。

3位は「ガンダムフロント東京」。

こちら実物大のガンダム像を支持する声が多かった。

4位は「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。

お絵かき教室や人形劇などのイベントも豊富なので、子供を楽しませたいといった回答が多く寄せられた。

そして5位は「水木しげる記念館」。

鬼太郎が好きだからという回答はもちろん、夏だから妖怪を見てヒヤッとしたいという意見もあった。

「三鷹の森ジブリ美術館」が最も支持された今回のアンケート。

「トトロに会いたい」「メイの家に行きたい」「巨神兵に会いたい」などの意見も寄せられた。

愛されるキャラクターを、これだけ多く生み出しているジブリの凄さを再認識する結果に。

ちなみに「藤子・F・不二雄ミュージアム」には知的で凛々しいジャイアン像があるとの情報も。

確かにアニメのジャイアンとは一味違う風貌なので、一見の価値あり、かもしれないぞ。

(文・アリウープ 高橋賢司)調査時期: 2012年8月2日〜2012年8月7日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性402名 女性534名 合計936名調査方法: インターネットログイン式アンケート