グルメ漫画といえば一番に思い浮かぶのは何でしょう? 漫画はドラマ化されたものしか知らないという人なら『味いちもんめ』? 話題作は全てチェックする漫画好きなら『花のズボラ飯』? それとも、なんといってもハートに響く『深夜食堂』? いずれにしても、おいしい料理をたっぷり愛(め)でられるだけで幸せ〜♪ でも、実際にその料理を食べることができたらもっと幸せ♪♪ という欲張りなあなたのために、グルメ漫画に登場したことのある名店3軒をご紹介! どこから試すか、迷っちゃうこと必至だ。

まず一軒目は、よしながふみのグルメ漫画『愛がなくても喰っていけます。

』に登場した中国茶館。

今回は、漫画に登場したメニューから、海鮮ひすいギョウザ(560円)、カニしゅうまい(470円)、そしてウーロンゼリー(365円)の3品をオーダー。

まず運ばれてきたウーロンゼリーは、真っ白なあま〜いミルクがかかった、見た目にも涼しい一品。

口に含むと、ひんやり&ふるふるの食感が瞬時に広がる。

次の瞬間、香ばしいウーロン茶の香りとミルクの甘みで、無意識のうちににんまり。

THE 瞬殺(笑)。

あまりの見事さにほうけているところに、蒸しあがった飲茶もお目見え! 美しいひすい色に輝くギョウザと、卵の黄色とカニの赤色がちょこんと乗ったしゅうまいは、目にも鮮やかな逸品。

見ているだけでも心華やぐメニューとはこのことだ。

しかもボリュームが強烈。

厚みもさることながら、具のぎっしり感がすごい! あまりの大きさゆえ2度にわけて口に運ぶと、その度に肉汁があふれる。

どちらも熱々に蒸されているので、ゆっくり食べ進めても最後まで温かいままいただけるところも◎。

こちらのお店は4名以上で予約も受付けているそうなので、大人数で来店する際にはぜひご予約を!Information●中国茶館2号店住所:東京都豊島区西池袋1-22-8交通:JR池袋駅徒歩2分営業時間:11:30〜24:00定休日:12/31、1/1のみ席数:65席創業:1985年2軒目に紹介するのは、ドラマ化もされた『孤独のグルメ』に登場したうどん屋「かるかや」だ。

西武百貨店本店屋上にある同店を訪れたこの漫画の主人公・井之頭五郎は、青空いっぱいの空間に大満足。

都会の騒がしさから離れたスポットを堪能しながら、「よしよしいいぞ。

ここでなんか食べればいい。

さて、何がいいかな」とウキウキ気分で屋上を散策。

そして見つけたのが、五郎いわく、「タマラナイいいにおい」がする手打ちうどん屋だったのだ。

さて早速、五郎と同じ「おろしうどん」(400円)を注文。

大根おろし、生卵、揚げ玉、白ネギがたっぷりの、さっぱりとした一品だ。

勢いよくすすってみると、きゅっと締まっためんを爽(さわ)やかなおろしとマイルドな卵が包み込み、やさしい味わいが口いっぱいに広がる。

家庭的で素朴な味わいだ。

作中、五郎もやさしい味わいにすっかり癒やされて、ほっこり気分のまま屋上をしばしぶらついている。

ちなみに、ツユは薄めの色味。

関西風と関東風の双方の良いところを取り入れようとしたそうで、あっさりとした味わいながら、コシのあるめんによく染み込んでいる。

そしてめんは、打った後に一晩冷蔵庫で寝かせるらしく、透明感がありながらコシも抜群だ。

●かるかや住所:東京都豊島区南池袋1-28-1 西武百貨店 池袋本店 屋上交通:池袋駅から約109メートル営業時間:10:00〜18:30(6/1〜9/30)、10:00〜17:30(10/1〜5/31)定休日:不定休(西武百貨店に準ずる)席数:150席駐車場:有(西武百貨店駐車場)創業:1966年最後に紹介するのは、グルメ漫画の王道中の王道『美味しんぼ』に2回も取り上げられた「並木藪蕎麦」だ。

創業は1913年。